XMTrading:ゼロカットシステム 発動条件 マイナスリセットのタイミング

XMTrading

xmtradingにはゼロカットがあり残高がマイナスとなった場合追証なしでシステムでマイナス分が損失補償されますので条件を解説します。XM Tradingのシステムではゼロカットを採用しています。ゼロカットシステムを採用することにより急激な価格変動などで取引口座の有効証拠金を上回る損失が発生した場合でも、追証の請求を行わないことになっており、かなり優しいシステムになっています。

ゼロカットシステムとはどのような制度?

XMTradingで採用している『ゼロカットシステム』は、相場の急激な価格変動等により、ロスカット(強制決済)が間に合わず、口座の有効証拠金を上回る欠損が生じたときに、XMが負担してくれるというシステムです。

ゼロカットとは仕組みとして「証拠金の残高がマイナスになったとしても、ゼロまで補填するサービス」です。相場変動で大負けしても口座残高がマイナスにならないということ。運営の公式サイトでも記載されていますが、銘柄すべてで金額に対してマイナス後に発動し、借金のリスクがありません。トレーダーは先ず含み損状態が大きくなったら、次にどう行うか検討するべきです。

ゼロカットの特徴

ゼロカットは、マイナス100円でもマイナス100万円でも、一律ゼロになります。ハイレバレッジ(フルレバレッジ)でトレードをする方にとっては最強の味方です。資金以上の損失をしないため、トレーダーにとって有り難い話であることは間違いありません。追加資金を入れると時間稼ぎができるため、ゼロカットが遠くなります。複数の両建てなどをすることにより回避も可能で安心です。しかしデメリットとしては反映して、それでも逆行し続けるリスクがあります。

FX業者のメリット

FXの会社側にメリットはあるのでしょうか?業者は顧客の逆の注文を市場に流し、顧客が負けることで利益を得ています。

業者は手数料を取ることで、利益を得ています。それは「スプレッド」(買値と売値の差額)です。そのため海外業者にとっては、トレーダーが取引すればするほど利益が出て儲かるという仕組みです。相場を読み間違えてゼロカット救済措置を行ったとしても、長く取引をしてほしいということからこういった仕組みがあるのです。

ゼロカットを導入する意味

合計マイナス1万円でもマイナス100万円でも、業者はいとも簡単にゼロにします。上限もありませんし、何故、そうしたサービスを続けることができるのでしょうか。

上記の理由は各トレーダーから少しずつ取引手数料をとっているからです。一つの取引における利益は少ないですが、業者は必ず利益を出しているのです。XMは金融庁のライセンスを保有しているため、安全に会員は利用が可能なのです。現在レバレッジも1000倍となっており少額からお金を増やせます。

ロスカット補填のタイミング

XMTradingにおいては、ゼロカットされると、入金時にゼロまで補填されます。例えばマイナス分の残高が10万円の時に3万円を入金すると、最大マイナス7万円になるのではなくプラス3万円の証拠金残高となります。補填タイミングは即時ではないと言うことをよく覚えておきましょう。公式にもよくある質問で例が記載されています。金融庁のライセンスもあるので非常に安心です。

マージンコールが先に来る

ゼロカットが採用されるには段階を踏む必要があります。まずはマージンコールが作動します。マージンコールは警告を意味します。この制度はaxioryやexnessなど他社でも同様です。大きなハイレバのトレードをしていると、安全性の面で危険なので、損切りか、追加資金の投入を検討します。大きく、高いロットでやっていると、とても危険なので、すぐに決める必要があります。

ロスカット作動

マージンコールが来ても放置した場合は運営会社のシステムで強制的にロスカットが作動します。これで強制的に決済されてしまい、大きなドローダウンとなります。自動的な動作で時点に達すると、値動きに対して一切抗うことができません。スキャルピングを経済指標で新規単位で注文は危険です。本当に影響が大きく、状況により、自滅してしまいます。完全に制御できませんので、追加資金を投入するか、自分で損切りするなど活用しましょう。スワップポイントなども加味されます。

ゼロカットが採用

一般的にはロスカットが採用されればいいのですが、一部の経済指標では動きが激しすぎるがゆえに、ロスカットが作動する前に残高がマイナスとなることがあります。この時にゼロカットが作動します。ここでポイントになるのがボーナス、キャンペーン、XMPなどのポイント。XMではクッション機能がありますので、これによりボーナスだけでも残っているとゼロカットが作動しません。またゼロカットには回数の制限はありません。レバレッジが何倍でも自動で適用されます。

全口座タイプに対応

XMTrading(エックス エム)のゼロカットシステムは、XMが提供する全ての口座タイプ「スタンダード口座」「マイクロ口座」「KIWAMI極口座」「ゼロ口座」に対応しております。追証の請求をしないという旨がXMのホームページでも明記されています。信頼性の高いFX会社ですので、そのため安心してください。もし心配や問題があればXMのサポートに聞いてみてください。詳細のケースなどを教えてくれます。

ゼロカットされない条件

XMでは下記の条件を満たしている場合、ゼロカットが採用されません。利用者は全額処理するまで運用をどうするか自力で考える必要があります。知識が問われる局面と言えるでしょう。良い評判や口コミが多いブローカーですが、過去に会員が問題を起こしたケースもあるのです。

ボーナスが残っている

XMではクッション機能があります。ボーナス(クレジット)が残っているとゼロカットが執行されません。ボーナス(クレジット)を含めた有効証拠金がマイナスの場合のみ、ゼロカットが適用されることを覚えておきましょう。クッション機能に関しては以下の記事で紹介しています。

未決済のポジション

XMでトレードしている場合、未決済のポジションがあるとゼロカットが採用されません。口座残高がマイナスであっても、未決済のポジションで含み益があれば有効証拠金はプラスになるからです。ゼロカットされない場合は、同じ口座でポジションを保有していないか確認してください。

禁止事項

以下の記事で紹介していますが、XMには禁止事項というものがあります。禁止事項に抵触した場合は、そもそもゼロカットが採用されません。ゼロカットを悪用した取引は保護の対象から外れてしまうため注意してください。以下の記事で紹介しています。

ゼロカットはいつ発動するのか?

ちなみにXMでは口座がマイナスになった瞬間にゼロカットが採用されません。ゼロカットは、口座残高がマイナスになってから通常数時間~1営業日程度経過したタイミングで執行されます。口座残高がマイナスになってもすぐにゼロカットが執行されるわけではありません。そのため、下手に入金をするのではなく、ゼロになるまで待ったほうがいいということになります。

ゼロカットとロスカットの違い

ゼロカットとロスカットは、それぞれ執行されるタイミングが異なります。ゼロカットは口座残高がマイナスになった場合に執行され、ロスカットは証拠金維持率がロスカット水準を下回ったタイミングで執行されます。ロスカットは50%に設定されています。そのため、仕組みもタイミングも全く違います。

ゼロカットされてしまったらどうする?

XMでゼロカットされるとマイナス残高が0円になります。0になったことを確認してから再度入金をしてトレードを始めることが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました