XMTrading:タブレットで取引トレーディング MT4、MT5インストールとダウンロード、使い方、対応方法

XMTrading

XMTradingはタブレットPCやスマホアプリでモバイル端末からアクセスしてMT4で取引トレードをすることができます。トレードというと、スマートフォンやPCでやるイメージがありますが、今の時代システム的に色々な環境でトレードが可能になっています。今回はXMでのタブレットを使ったトレードについて記載しています。

XMTradingはタブレットで取引可能

XMでは、タブレットで取引が可能です。XMの公式ページにはMT5 Android モバイル・タブレット対応「XM Droid Trader」とMT4 Android モバイル・タブレット対応「XM Droid Trader」が揃っています。双方ともに公式ページからダウンロード可能です。詳細は画面で説明します。新規の注文設定もmetatraderで可能です。iphoneからでも操作が可能です。

日本語版の場合は、下の画像でご覧ください。プラットフォーム→タブレットの欄で下記のようにアクセスしてダウンロードが可能です。app storeやgoogle playで追加ができます。無料なのでリスクはありませんので安心しましょう。パソコンでもスマホからでも操作ができます。タップするだけでOK。質問があればサポートページから会員は相談可能です。

Source : https://xmtrading.com/

英語版の場合も同様、プラットフォーム→タブレットの欄でダウンロード可能です。

Source : https://xmtrading.com/

XMTradingにおける使用可能端末

端末として対象はAndroidとiPadで完全に利用可能です。Androidのタブレットは、MT4とMT5の両方を使うことができます。好きな方を選んでインストールします。AppleのiPad用のアプリはMT5だけです。iPad用のMT4はありません。基本機能や金融商品も同様に使えます。デモ口座もアカウントを登録をすれば使えます。アイコンをタップするだけで起動が可能ですので入手して活用しましょう。非常に制限が少ないのでおすすめです。

インストールの注意点

口座を開設するときにMT4とMT5のどっちを使うか選択する項目があります。そこでMT4を選択した場合はMT4しか使えません。MT5を選んだ場合はMT5しか使えません。インストールするアプリは口座開設のときに選択したものにしてください。またインストールが面倒で、希望であれば上記のページではwebtraderの提供もされて使用が許可されており、すぐに利用いただけけます。

MT4/MT5にログインする方法

MT4/MT5にログインするには、「口座ID」「サーバー番号」「パスワード」が必要です。口座開設時に届くメール内に、口座IDと接続先サーバーが記載されているので、確認しましょう。いずれかが分からないと、ログインに失敗してしまいます。アカウント情報は登録時に入手できており、メールが来ていますので、開き、確認をしてください。

外出先でも取引が可能

今はスマホやタブレット端末からFXやCFD取引をすることができるようになりました。MT4/MT5アプリは、インストールするだけで、XMだけでなく他のFX業者でも取引することが可能です。営業職でも、配送ドライバーでも取引が可能な時代になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました