XMTrading:海外FXのDD方式、NDD方式どっち?違いと特徴、メリットを解説

XMTrading

海外FX業者のXMではDDとNDD方式がありますがこれはなに?取引の違いについて解説します。XMTradingをこれから始めようと考えている方、もしくはすでに始めている方向けの記事になります。XMTradingはNDD方式を採用しています。しかしそもそもDDやNDDとは一体何なのかを知らない方が多いかもしれませんので、この違いについて記事にしています。

DD方式とは

DD方式は「Dealing Disk」の略で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが介入します。あなたの注文をインターバンクに流すかどうかはディーラーの判断で決まります。DD方式は、トレーダーが負ければ負けるほどFX会社の利益が増えていきます。DD方式のFX会社では、故意にトレーダーが負けるような仕組みを作っていると噂されます。

NDD方式とは

NDD方式は「Non Dealing Disk」の略で、トレーダーとインターバンクの間に一切ディーラーを介しません。つまり、トレーダーの注文は全てインターバンクに流れます。会社はスプレッドからしか利益を得る事ができません。NDD方式はスプレッドが広い代わりに、約定拒否やスリッページの可能性を排除した透明な取引環境を提供しています。

DD方式とNDD方式の違い

スプレッドが狭い/取引が不透明なDD方式。スプレッドが広い/取引が透明なNDD方式。どちらがいいかは個人の考えによって差が出ます。組織に不正がある場合はDD方式を採用していることが多いです。個人的にはNDD方式のほうが透明性があっていいと思っています。投資家は注文執行されても資金損失に対して詳細、透明性があるのが大きなポイントになるでしょう。

NDD方式であるデメリット

XMTradingではNDD方式を採用していますが、この方式は万全ではありません。当然ながらリスクがあります。XMではシステムが良いのでおすすめで高い約定力がありますが、以下の点に注意しましょう。操作においては以下の注意点があります。

スプレッドの広さ

XMがNDD方式を採用するが故のデメリットは、スプレッドの広さ。XMはスキャルピングには不向きだと言えます。ただしXMの場合はKIWAMI極口座やゼロ口座などのスキャルピングに特化した講座もあるため、何とも言い難い所もあります。

スリッページ

NDD方式はトレーダーの注文をインターバンク市場に流すため、出来高が薄い時間帯はスリッページが起きやすくなっています。スリッページは許容量が設定できるので、短期売買や自動売買をする場合は先に設定しておきましょう。

NDD方式であるメリット

XMTradingではNDD方式を採用していますが、メリットも当然あります。マイナスばかりではなく、顧客は管理においてプラス要素もあります。公式でもよくある質問などで言及されています。

取引の透明性

NDD方式の最大のメリットは公平性と透明性です。間に何も介さないわけで、トレーダーからすれば不正操作をされる可能性を排除できるため心地よくトレードができると言う利点があります。悪質なFX会社では必ず損切りさせられる設定になっていることもありストレスになりますが、透明性が高いことで、タイミングがよければ稼げる方式です。

STP方式とECN方式

NDD方式の中に、さらにSTP方式とECN方式という2つの注文方式が存在しています。STP方式はカバー先が提示しているレートにFX業者がスプレッドを上乗せしたレートがトレーダーに提示されています。一方でECN方式は、機関投資家や個人トレーダーや銀行、FXブローカーなどの取引が行われる市場に対し直接注文を出す方式です。

XMはゼロ口座がこのECN方式で運営されていて、マイクロ口座とスタンダード口座はSTP方式が自動的に採用されています。重要な説明になるのでチェックしましょう。知識や経験を得て本当に勝てるようになると有利にトレードができるようになります。

STP方式の仕組み

STP方式(Straight Through Processing)では、個人投資家がMT4などの取引プラットフォームを開くと、ブローカーが「カバー先」と呼ばれるインターバンクにアクセス可能な金融機関から価格情報を取得し、一定のスプレッドを乗せて個人投資家へと通貨ペアの価格を提示します。提示された金額によって売買や決済が行われます。STP方式の注文処理では、インターバンクでの取引価格に対して一定のスプレッドを乗せているため、スプレッドが広くなりやすいというデメリットがあります。

ECN方式の仕組み

ECN方式(Electronic Communications Network)では、インターバンクで売買されている通貨ペアごとの価格がそのまま個人投資家へと提示されます。STP方式の仕組みとの違いはブローカーが間に入ってくるのかどうかと言う違いとなります。ECN方式の口座のメリットはスプレッドが狭くなりやすいということ。ただし、スプレッドが狭い一方では、売買ごとに手数料が発生します。この点がSTPよりもデメリットとなります。またECN口座のデメリットとしては最低入金額を高めに設定しているブローカーが多いです。

STP口座とECN口座両方用意

XMもそうですが、FXブローカーの大半はSTP口座とECN口座両方用意しています。これは双方それなりの理由があるからです。STP口座では、ブローカーがカバー先から提供された価格に一定のスプレッドを計上しています。ECN口座では、インターバンクで売買されている価格がそのまま提示されます。XMではスタンダード口座はSTP口座で、スプレッドが狭いゼロやKIWAMIがECN口座です。

ECN口座ではボーナスが発生しない

ECN方式の口座であってもボーナスを受け取ることができないケースが多いです。この理由は、ブローカーはECN口座の利用者からは売買手数料しか受け取っておらず、限りなく収益が薄い状態だからです。そのため、ボーナスを出しません。STPではブローカーのもらえる利益が増えますので、ボーナスを提供してどんどんトレーダーに取引をしてもらうのです。

安全にトレードをすることが重要

結局大事なのはロットを高くしないで安全に運用することです。証拠金を確認して無理のない取引をしましょう。運営会社では豊富な計算ツールが公式サイトにもありますので活用してください。金融商品が多く、金融庁のライセンスを複数取得しているため、ゼロカットも採用されております。信頼性のある会社なので不利な取引になることはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました