XMTrading:口座解約(退会)後、再登録は可能か? 口座凍結からの解除方法解説

XMTrading

XMTradingの口座再登録ができるのか、休眠や口座凍結されてても解除できるのか注意や原因を記事として、解説します。XMTradingの口座を解約したのはいいけど、やっぱりまたやりたい。と思っている人もいるかもしれません。XMTradingでは、口座解約・退会した後でも簡単に再登録が可能です。そのため、絶対にできないわけではないので落ち着いて対処しましょう。

口座解約後の再登録手順

XMTradingでは、口座解約・退会した後でも簡単に再登録が可能です。以下のパターンで再登録が可能になります。運営会社の公式サイトからマイページ開設しましょう。サポートへ質問も可能です。スタンダード口座ならロイヤルティポイントやボーナスのプレゼントもあり、キャンペーンプログラムも豊富です。銘柄もたくさんあり、最大レバレッジが1000倍なのでロットもつめます。損失を出してもロスカットが適用されます。

退会申請から24時間が経過していない場合

XMTradingに口座解約・退会申請をしても、24時間以内であればすぐに申請を解除できます。その方法は以下の3つです。間違えて口座解約・退会申請してしまった人は、24時間以内にいずれかの方法を試してみてください。90日、放置をすると対象の口座は休眠口座になるので注意してください。5ドルの口座維持手数料がかかるので非常に注意です。

  • トレード(注文・決済)を行う
  • 資金を入金する
  • 口座を有効化する

退会手続きが完了している場合

XMTradingの運営から退会手続きが完了している場合は、新規の口座開設と同じ手順で再登録が可能です。新しいアカウントを作ることになるので、再度本人確認書類の提出が必要になります。手数料は安く他社と比較してもおすすめの会社です。詳細は以下の記事を参考にしてください。マイクロ口座であれば、取引量も少ないので初心者でもリスクを抑えられ、安心です。ボーナスの受け取りも可能です。

追加・複数口座の再登録

XMTradingで解約・削除してしまった追加口座の再登録は完全にできません。口座解約後の取引履歴は、XMTradingサポートセンターに連絡して問い合わせることで取得することができます。取引履歴が必要かどうか、口座解約前にご確認ください。通常利用規約も併せて必ずご確認ください。

口座再登録するときの注意点

再登録する場合は、原因や理由があり以下のような注意点があります。海外FX業者では再登録は基本的に可能でデモ口座もあります。毎月XMPポイントなどももらえますし、トレーダーは自動売買やスキャルピングなど自分の好きな手法でトレードができます。また日を跨いでトレードをするとスワップポイントも反映されます。MT4やMT5もダウンロード可能です。

口座開設ボーナス

口座が再登録の場合、前使っていた口座の名義情報はXMの方で保管されているので新規で作り直したとしても口座開設ボーナスは一度までで2回目は受け取ることはできません。基本口座開設ボーナスは名義につき1回までなのでどちらにしてもご注意ください。ボーナスは証拠金として活用できますが金額を出金をすると消失してしまいます。

入金ボーナス

入金ボーナスは解約前の口座で未取得のボーナスから受け取ったボーナスを差し引いた分がサービスとして同様に利用可能とされています。入金ボーナスは不定期でリセットされることがあり、口座解約から再登録した時も大きく変動してリセットされているケースが結構あります。

口座が凍結している場合

不正な行為、禁止事項を行い規約違反でペナルティを受けて口座が凍結しているステータスの場合はシステムから解約する必要はありません。口座が凍結している時点で自動的に解約されてる状態になっています。そのため、新規登録をしましょう。口座凍結をされてしまうと、資金移動、ポジション保有、残高は引き出しができない以上、放置するしかありません。口座は消滅するか、復活させるためにサポートデスクと交渉することになります。

休眠口座の場合

休眠口座の場合は最大90日間放置すると、公式にアーカイブ化されます。こうなると休眠になり投資トレードができなくなります。この期間は口座維持手数料がかかりますので、できるだけ削除するか、再度アクティブにしましょう。キャンペーンやボーナスもゼロになり適用されません。公式サイトでよくある質問もありますので参考にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました