XMTrading:ポンドは殺人通貨を呼ばれる理由 値動きにご用心

XMTrading

ポンド円やポンドドルの通貨は値動きが大きいため市場はとても荒れやすいです。XMTradingをする際にはポンドの通貨ペアでトレードをするときに注意が必要です。ポンドのペアはほかの通貨ペアと比べると値動きが荒くなりやすく、ちょっとした動きによって大損することも少なくありません。大損しないためにもポンドのときはロットを低めに設定してトレードするなどの工夫が必要になります。

ポンドの特徴、値動きはどのようなもの?

英国の通貨であるポンドは、かつて英国が経済、軍事力において世界一であった時代には現在の米ドルのように基軸通貨として活躍していた時代もありましたが、現在ではドル、ユーロ、円に次いで世界で第4位の取引量となっています。

ポンドはユーロや円に比べ、流動性が低下するため、これらの通貨と比べると値動きが荒くなる傾向があります。日本の円安の影響もうけており、ポンド円がポンドドルやポンド豪ドルと比べてもボラティリティが高い傾向にあります。金融の為替においても最も動くのでお金を失うリスクが高いので重要です。下落や高騰には注意しましょう。

ボラティリティが高い

ボラティリティの高さがポンドの特徴です。ボラティリティが高いのは大きな利益を狙うことができるため、メリットではありますが、逆方向に進んだ場合のリスクも大きくなるため、注意が必要です。投資家は売りでも、買いでも理解したうえでトレードが必要です。利上げなどの結果で暴騰する可能性もあります。政策金利などの前は特に危険です。

Source : TradingView

縦軸を見ればわかる通り、ポンドの場合は変動幅がとても大きいため、ほかの通貨ペアと同じくらいの感覚でやっていると大きく、損をする可能性が高いです。

銀行の金融政策

ポンドの通貨の管理は英国の中央銀行であるイングランド銀行(BOE)により行われています。

BOEは金融政策を決定する金融政策委員会後に通常の結果発表に加え、議事録も同時に発表しています。さらに四半期毎にインフレレポートも併せて同時に発表を行なっています。

ユーロとの相関性

ポンドは地理的にユーロ圏と近く、政治的、経済的に深い関係とうこともあり、ユーロとの相関性が強い通貨の一つです。

欧州時間以降に活発化

ポンドは英国の通貨ということもあり、ユーロ同様に東京時間には値動きが鈍く、欧州時間以降に取引が活発化する傾向があります。

デイトレなどの短期売買をする場合は欧州時間以降を中心に取引する方が効率的かもしれません。

ポンドの取引における注意点

上記のように、ポンドはほかの通貨ペアと比べると、ボラティリティがとても高いのが特徴です。そのため、一歩間違えると大損してしまうことにもなります。

ロットを抑える

ユーロやアメリカドルに比べるとポンドは値動きが荒いのが特徴です。できるだけロットは抑えてトレードするようにしてください。

経済指標時はポジションを落とす

ユーロやアメリカドルに比べるとポンドは値動きが荒いのが特徴です。経済指標になると、大きな動きをしてくるため、大儲けする可能性もあれば、大損してしまう可能性もあります。できるだけ経済指標時はやらないほうがいいでしょう。

値動きに慣れる

まずポンドで取引をしたい場合は、練習で取引するようにしましょう。ポンドの値動きはとても荒く、危険です。慣れるまではロットは上げずに小さくトレードしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました