XMTrading:pips計算機

XMTrading

XMでトレードをするならpipsについて理解していないと損益やスプレッドなどの重要な情報を読み取ることができません。トレードをするにあたってpipsの知識に関しての習得は必須ですので、絶対に覚えるようにしましょう。

pipsとは?

pipsとはトレードされている通貨の最小単位または1%のことです。日本円の最小単位は1円ですので、1円の1/100、すなわち0.01円が1pipsに相当します。米ドルの最小単位は1ドルではなく、1セント(0.01ドル)です。ドルの最小単位は、1ドルの1/10000、すなわち1pipsは0.0001ドルになります。

1pipsがいくらになるのかは、以下の通り貨幣で異なります。

日本円:1pips=0.01円

日本円以外:1pips=0.0001通貨

XMのpipsの損益はいくら? 日本円建て

XMのpipsの損益はいくらになるのか、計算方法のやり方をみていきましょう。計算方法の考え方は、どのくらいの通貨数量を1pipsあたりいくらで取引したのかということを基準にして、損益を算出できます。

XMのUSD/JPY(米ドル/日本円)を1ロット(100,000通貨)をトレードした場合の損益は、100,000通貨×0.01円=1,000円となり、1pipsあたり1,000円の損益が発生します。

XMの最小取引単位である0.01ロット(1,000通貨)をトレードした場合は、1pipsあたり10円の損益となります。

同じpipsであったとしても、取引の通貨数量が異なることでトレードの損益も変化します。

XMのpipsの損益はいくら? 外貨建て

外貨建ての通貨ペアは、同じ通貨数量でトレードしたとしても、各通貨のレートが異なるため、XMの1pipsあたりの損益は異なります。

損益の計算方法は、まず「取引通貨数量×0.0001×各国の通貨レート」をして、さらに日本円相当額から求める必要があります。

1ユーロ=0.8ドル、1ドル=100円の時点で、EUR/USD(ユーロ/米ドル)を1ロットでトレードする場合、

100,000通貨×0.0001×0.8ドル=0.8ドルになり、0.8ドル×100円から80円で、1pipsあたり80円の損益になります。

XMのpipsを計算機ツール

XMには便利なツールがたくさんあります。その一つに、pipsを計算してくれるツールもあるので活用してみてください。

ピップ値=1pips変動した時に動く金額。ドル円5ロット保有して1pips変動すると、5,000円動くという意味です。

Source : https://www.xmtrading.com/

pipsの計算以外にも証拠金計算やスワップポイント計算なども無料で利用できるため、数字に弱い方にはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました