XMTrading:KIWAMI極口座のメリットとデメリット 他口座との違い

XMTrading

XMのKIWAMI極口座の特徴やメリット、デメリット、スプレッド、取引仕様やおすすめ、注意点を徹底紹介、解説します。KIWAMI極口座は2022年10月に登場した新しい口座。KIWAMI極口座はスプレッドが狭い、スワップフリー、取引手数料なし、の使いやすい口座ですがデメリットもあります。そのため、メリットとデメリット併せて両方紹介していきたいと思います。

XMの口座種類は4種類存在する

XMには現在4つの口座タイプがあります。それぞれの口座の詳細に関しては以下の記事で一覧を参考にしてください。口座タイプのそれぞれの特徴と比較についても書いています。海外FX業者は口座タイプに特徴があり、KIWAMIの場合はpips幅がとても狭いです。公式サイトでも記載がありますが長期スイングトレードすると対象主要銘柄にはスワップポイントも新規発生します。両建てなどもできます。またそれぞれ口座は追加も可能です。一部はデモ口座もあり狭い平均スプレッドを実現しています。

KIWAMI極口座とは?

KIWAMI極口座はスプレッドの狭いSTP方式の口座になり、取引手数料はかからないタイプです。スプレッドが狭い口座はゼロ口座がありますが、手数料が高めの設定になっているため、他の低スプレッド業者に見劣りするスペックになっていました。そこでKIWAMI極口座が新しく誕生し、他のスプレッドの狭い業者に移ることがなく、XMだけで完結できるように作られた口座になります。各サービスに応じてサポートもしっかりしています。適した口座を選びましょう。

KIWAMI極口座の特徴

運営で提供されているKIWAMI口座には下記のような特徴があります。メリットもデメリットもあるため、一概にお勧めできる口座タイプではありません。最後は総合的に判断して決断するようにしてください。評判や口コミはとても良い口座タイプですが、もらえるボーナスはありませんが4種類の中で最も実質スプレッドが狭く抑えられており、投資で利益が出しやすいですので活用しましょう。基本通貨は日本円、ユーロ、米ドルから選べます。複数口座の作成も可能です。

全口座タイプの中で取引コストが最も安い

XMの全口座タイプの中で最も取引コストが安いのはゼロ口座でした。しかし、新しくリリースされたKIWAMI極口座は、それよりもさらに取引コストが安くなっています。特にスキャルピングトレーダーにとっては、ゼロ口座よりもさらに好条件で取引できる口座タイプです。最初はボーナスが付与されるスタンダード口座の人が多いですが、経験がある方はKIWAMIを選択します。損失を出した時のロスカット水準は同一です。

手数料無料

XMのゼロ口座は、仕組みではスプレッドに加えて1ロットの取引あたり往復で合計10ドルの手数料がかかります。一方で、KIWAMI極口座で発生するのはスプレッドのみで、取引手数料は完全無料です。他社よりも少ない手数料で、初めての方でも少額から大きく稼ぐことが可能なので評価も高いです。公式では上級の方向けとされています。マイナー通貨やビットコインも取引できますのでチェックしましょう。

スワップフリー

メジャー通貨ペア・貴金属はスワップフリーと言う特徴があります。これまで、XMではどの口座タイプでもスワップが発生していました。スワップとは金利のことで、ポジションの保有時間が長くなると銘柄によってはマイナススワップの支払いが必要でした。KIWAMI極口座は、メジャー通貨ペアや貴金属通貨ペアのスワップがフリーとなっています。

最大レバレッジ1000倍

XMのゼロ口座は取引コストが安い代わりに、最大レバレッジが通常の1000倍から500倍に制限されていました。一方でKIWAMI極口座は、ゼロ口座に比べてさらに取引コストが安くなったことに加えて、最大レバレッジに制限がありません。KIWAMI極口座は最大1000倍のレバレッジで取引できます。またゼロカットも採用されており、投資家は追証が求められません。

取引できない銘柄

コモディティ・株式指数・エネルギー銘柄が取引できないと言うデメリットがあります。XMのKIWAMI極口座で取引できるのは為替(FX)・仮想通貨CFD・貴金属(ゴールド/シルバー)のみです。

口座タイプ取扱銘柄
スタンダード口座・マイクロ口座為替・仮想通貨・コモディティ(商品)・株式指数・貴金属・エネルギー
ゼロ口座為替・貴金属(ゴールド/シルバー)
KIWAMI極口座為替・仮想通貨・貴金属(ゴールド/シルバー)

入金ボーナスの対象外

XMのKIWAMI極口座は、取引コストが安い代わりに入金ボーナスが対象外となっています。KIWAMI極口座では、全額自己資金でトレードする必要があります。もし入金ボーナスを使って取引したい方は、XMのスタンダード口座もしくはマイクロ口座を利用しましょう。

ロイヤルティプログラムの対象外

XMには、取引するごとにポイントが貯まるXMロイヤリティプログラムという会員制度があり、スタンダード口座やマイクロ口座で取引すると現金やボーナスと交換できる「XMポイント(XMP)」が貯まります。しかしKIWAMI極口座はロイヤリティプログラムの対象外となっています。そのため、どれだけKIWAMI極口座で取引してもXMポイントは貯まらないので注意が必要です。

KIWAMI極口座をお勧めできる人

  • ボーナスより取引条件を重視する人
  • 取引コストが安いので、取引回数の多い方やスキャルピングを行うトレーダー
  • スワップフリーなのでスワップが気になる中長期のスイングトレーダー
  • 約定力があるので大口トレーダー
  • スキャルピングやEA自動売買もOK、自由度の高い取引環境を求める人
  • ゴールドの取引条件が他口座よりかなり良く、ゴールド取引をする人

銘柄は基本豊富で通貨ペア、貴金属、エネルギー、仮想通貨、株価指数に対応。セーシェル諸島で金融庁ライセンスを保持しておりロスカットやゼロカットも適用されます。

KIWAMI極口座をお勧めできない人

  • XMのボーナスやXMPを利用したい人
  • プラススワップ狙いのトレードをする方
  • 日経225やオイル等、CFDをメインに取引する方

上記でも説明しましたが書類で本人確認をしてもボーナス手続きは受け取ることができません。ただしスプレッドはbigboss、threetrader、ironfx、hfm、titanfxなどと比べてもとても狭いです。禁止事項に抵触しないようにしましょう。

スプレッドについて

XMTrading全体のリスクとしてスプレッドが広いと言う問題があります。KIWAMI極口座はスプレッドがやや狭いです。スプレッドはスタンダードとゼロ口座の中間にあたります。例外として、GOLDに関しては、ZERO口座よりKIWAMI口座のスプレッドが狭く設定されています。

銘柄KIWAMI極StandardZERO
USDJPY0.91.90.4
EURUSD0.81.80.2
GBPUSD1.22.60.3
AUDUSD1.22.00.5
USDCHF1.32.50.9
GOLD1.33.61.9

またこれ以外にももちろんUSDNOK、USDSEK、USDMXN、USDHKD、USDPLN、USDHUF、EURTRY、EURHKD、EURSEK、EURNOK、EURDKK、EURCHF、NZDJPY、CADJPY、CADCHFなどのマイナー、エキゾチックペアもあります。

KIWAMI極口座の1ロットは10万通貨

KIWAMI極口座の1ロットの単位は10万通貨です。1ロットの単位はKIWAMI極口座・スタンダード口座・ゼロ口座で同様となります。KIWAMI極口座の最大ロットは50万ロットで、最小ロットは0.01ロットです。これはスタンダード口座・ゼロ口座ふくめて共通となります。

KIWAMI極口座の最低入金額

KIWAMI極口座への最低入金額は5ドルです。最低入金額はKIWAMI極口座・スタンダード口座・ゼロ口座で共通となります。

取引プラットフォームはMT4とMT5

KIWAMI極口座の取引プラットフォームはMT4とMT5の両方を使うことが可能です。自動売買ツールの利用もOKで、スキャルピングも可能です。他社(exness、fxgt、threetrader、tradeview、bigboss、axioryなど)と同様にメタトレーダーが使えます。

スリッページが起こりにくい

KIWAMI極口座はSTP方式となり、ゼロ口座はECN方式で少し口座タイプが違います。STP方式はスリッページが起きにくいですが、注文に対してはLPが約定を拒否する可能性があるため、約定拒否は起こりやすくなっています。ECN方式は注文を直接インターバンク市場に流すため約定拒否は起きにくいですが、スリッページが発生しやすくなっています。

KIWAMI極口座ゼロ口座
取引方式STP方式ECN方式
約定拒否起こりやすい起こらない
スリッページ起こりにくい起こりやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました