XMTrading:ゴールデンウィークでのトレードと会社の営業時間 ボーナスと入金プロモーション

XMTrading

XMTradingは、会社組織となるため、大型連休になるときは営業時間もイレギュラーになることになります。毎年ゴールデンウィーク間近になると、営業時間に関しての発表が公式ページ内で行われますので、注意しましょう。またトレードもボラティリティが落ちるため、チャートの動きが普段とは違うものになることもあります。

ゴールデンウィークのトレード

実はゴールデンウィークと言う文化は日本しかありません。そのため、ゴールデンウィーク自体が日本だけの祝日なのです。ゴールデンウィーク中もFX取引は行われていて相場は動いています。XMに限らずどこのFX業者でも同じです。お盆の時期と同じです。お盆の時期も当然ながらトレードはできます。お盆も日本の文化です。しかしお盆は外国にはありません。資金は期間中でも通常最大まで出金ができますしプロモーションも開催しております。

XMTradingのサポート

祝日の場合、XMのライブチャットは利用できない可能性があります。毎年、ゴールデンウィークになると、サポートセンターも休業することがあります。毎年5月前になったら公式ページを確認してしっかり休みかどうかを確認するようにしてください。新規のお客様からの問い合わせ対応は期間に完全に止まる可能性があります。ただし会員は自動売買などの通常のトレードは100%可能です。

ゴールデンウィーク中の注意点

ゴールデンウィーク中もトレードは可能ですが、いくつか注意点があります。普段とは違うチャートの動きをするため、損失を出してしまう人もいます。市場は通常通り、エネルギー、貴金属、仮想通貨など動いておりますし、イベントも開催中。入金方法もbitwallet、クレジットカードなど24時間ウェブサイトで可能です。

銀行送金の場合は入金が止まる

銀行送金の場合は入金が止まります。これは営業日がすべて休日になるからです。クレジットカードやオンラインウォレット入金がおすすめで総額が最低入金額に達していれば即時反映されます。注文をすでにしている場合はポジション保有と証拠金に気を付けましょう。ゼロカットは採用されますので安心です。

口座の有効化も止まる

新規口座開設の場合は口座の有効化も止まります。書類確認はスタッフの目視で行われるからです。これができないと今すぐトレード開始設定ができませんし、キャンペーン期間に豪華賞品があるプロモなどプログラム参加もできません。ボーナスなどの賞金や特典も受けられません。

流動性が低下

各国の祝祭日は時間帯によって極端に流動性が低くなる場合があります。流動性が低くなるとさまざまな弊害が出てきます。流動性が低くなるとスプレッドがどうしても広がりやすくなります。スプレッドが開いていたらトレードは様子を見た方が良いでしょう。また流動性が下がるとちょっとしたことで相場が大きく動く可能性が出てきます。

普段とは違うチャート

大型連休になると、トレードをする人が減るために流動性が減ると言うリスクと、もう一つはチャートの動きが極端になることもあります。トレードする人が減ることにより、相場変動が起こりやすくなるのです。あまり大きな流れに逆らわないようにしてください。逆らってしまうと、どこまでも含み損を抱える展開になりかねません。

XMのゴールデンウィークプロモーション

XMでは毎年5月の初旬になると、ゴールデンウィークプロモーションを行うことがあります。これは期間限定のキャンペーンで、入金ボーナスの金額が増えたり、無料でギフトコードなどをもらえたりもします。なので、毎年5月前になったら、こまめに公式ページを確認してください。毎年何らかのセールやキャンペーンなどをやっていることが多いです。

ゴールデンウィークはトレード休止?

ゴールデンウィークは大型連休になるため、トレードをお休みする人も多いでしょう。とくに専業トレーダーは毎日チャートに張り付いている人が多いですから、精神的にも疲れてしまうことが多いです。適度に休んで、しっかり休むことも大事です。またトレーダーは家に引きこもりがちですから、適度に外へお出かけしてみましょう。気分もすっきりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました