XMTrading:通貨単位とロット 最小最大ポジション数 pips必要証拠金計算方法

XMTrading

xmtradingでのロット数での損益計算方法、ポジション、必要な最大証拠金、pipについて記事で解説します。XMTradingでこれからトレードを始めたいと思っている方には通貨単位やロットを理解しなければなりません。XMの1ロットが分からない人向けに1ロットの通貨数と最小ロットと最大ロットについて解説して行きます。

ロットとは?

ロット(lot)とは、FXの取引通貨量の単位のこと。FXでは10万通貨や100万通貨などの大きな資金が動きます。しかし大きな単位になるため、ちょっと取り扱うには不便でした。そこで通貨単位がざっくりと把握できるよう、ロットという単位が生まれました。XMは海外FX業者では手数料も安く、最大レバレッジが1000倍にもなるためメリットがありますが、ロット調整は重要なポイントです。詳細は運営公式サイトで確認できます。口座タイプによりいくらがリスクか異なることになります。

銘柄によってもリスクは変わる

銘柄はCFD、通貨ペア、エネルギー、株式、貴金属、仮想通貨などありますがそれぞれボラティリティが違います。値動き変動が違いますのでロット数に気を付けましょう。ちなみにスタンダード口座やマイクロ口座はキャンペーンやボーナスもあります。最大レバレッジ上限は口座タイプにより1000倍、500倍、100倍と変わってきます。

トレード手法が豊富

トレード手法が豊富です。スキャルピング、両建て、自動売買(EA)タイプ別トレードも可能になっています。そのため評判や口コミもとても良いです。新規でハイレバレッジトレードで含み損になるとロスカットやゼロカットも採用されます。もちろん日を跨いでトレードをするとスワップポイントが発生します。スマホでもトレードはできます。

金融庁のライセンスもある

セーシェル諸島を筆頭に金融庁のライセンスも複数所有しています。threetrader、axiory、fxgt、titanfx、ironfx、bigbossなど他社に比べてライセンスも充実しております。

XMの1ロット単位

MicroStandardZeroKIWAMI
1Lot1000通貨10万通貨10万通貨10万通貨

XMのスタンダード口座とゼロ口座の1ロットは「10万通貨」となります。マイクロ口座は1ロットが1000通貨になりますので異なり制限があります。XMでは基本的に1ロット10万通貨が当たり前となるのでツールでエントリーするさいは参考に覚えておきましょう。これは選択して変更はできません。高いロットで取引する場合は残高などにも気を付けましょう。

XMの取引ロット数

XMは最小ロットは同じ0.01ロットでトレードすることができます。最低入金額は500円です。ハイレバレッジですが、金額によってロットを決めましょう。10万円でトレードをして1万円損失を出したらロットが高く、大損の可能性が高いです。1度の損失は元金の1%~2%が好ましいでルールを決めることが好ましいです。ここからさらにスワップも関係してきます。少ない金額で取引しましょう。

StandardMicroZeroKIWAMI
1ロット10万通貨1000通貨10万通貨10万通貨
最小ロット0.01ロット(1000通貨)0.01ロット(10通貨)0.01ロット(1000通貨)0.01ロット(1000通貨)
最大ロット50ロット(500万通貨)100ロット(10万通貨)50ロット(500万通貨)50ロット(500万通貨)

スタンダード口座とゼロ口座は1000通貨からトレードでき、マイクロ口座は10通貨からトレードすることができます。最大ロットはスタンダード口座とゼロ口座は50ロットまで取引でき、マイクロ口座は100ロットまでとなります。

最大ロットとは?

最大ロットは1回の取引でオーダーできる最大数を指します。XMの最大ポジション数は200ロットとなるので、覚えておきましょう。最大ロット50×4回分までポジションを保有することが可能です。また現在公式サイトでは計算ツールも完全無料で利用が可能です。プロでも利用することがあるので最初は試しに使ってみてください。

ロット計算

FX取引でロット計算ができなければ、無茶なハイレバトレードをして大きな損失になるかもしれません。XMTradingでFXトレードするなら、ロット管理・ロット計算は必ずできるようにしておきましょう。比較的ロットは十分抑えて考慮しながらやりましょう。マイナスになっても飛ばさないように、次に活かすことが大事です。為替は生き残ることが大事ですので証拠金に応じてロットを決めてください。

pipsあたりの損益計算方法

FXトレードにおける損益は、以下の計算式で求めることができます。取引数量は、「ロット数 × 通貨単位」で求めることができます。

損益 = 取引数量×(決済価格 – 注文価格)

悩んだ場合はまずスタンダード口座で取引しよう

XMの口座タイプを紹介してきました。訳が分からない、とか困った場合はまず人気のスタンダード口座を開設してチャレンジしてみましょう。商品は為替、貴金属(ゴールド、シルバー)、エネルギー、株価指数、仮想通貨に対応しています。約定力も高く、公式でも推奨されている口座タイプです。基本通貨は米ドル、日本円、ユーロに対応しています。ボーナスも獲得できます。追加口座の作成も可能です。

1ロット10万通貨

スタンダード口座の1ロット単位は10万通貨。マイクロ口座の1ロット1,000通貨よりもずっと多いです。通貨量が多いということは、1トレードあたりの収益も大きくなるということ。短期間で大きな収益をあげるなら、マイクロ口座よりもスタンダード口座がおすすめです。

入金ボーナス

スタンダード口座かマイクロ口座だと2種類の入金ボーナスが付与されます。しかしゼロ口座はもらえません。入金ボーナスがもらえれば、証拠金にも余裕ができます。FX初心者はすぐにお金を溶かしてしまうので、入金ボーナスがもらえるスタンダード口座で口座開設すべきです。

ロイヤリティプログラム

スタンダード口座とマイクロ口座では、ロイヤリティプログラムが適用されます。ロイヤリティプログラムに参加すると、トレードを繰り返すことに、XMポイントが付与されます。貯まったXMポイントはボーナスと交換でき、FXトレードの証拠金に利用可能。取引通貨量の多いスタンダード口座だと、XMポイントの貯まるスピードが早いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました