XMTrading:居住国がない場合の登録 海外在住の口座開設対処法

XMTrading

XMTradingは世界でもかなり有名なFX会社で多数のユーザーを抱えています。XMグループにはいくつかの運営会社があり、XMtradingはアジア人ユーザー専用の会社となります。会社によっては登録ができない国籍の人もいるため、運営会社によって登録先を変えると言うことをしなければならないのです。

XMには全世界で3つのグループ会社を持っている

XMグループには3つの運営会社が存在します。それぞれの違いは、提供する国の違いです。それぞれの国の法律により提供できるサービスが異なります。なのでXMは会社を分割し、ライセンスを取得する国を分けて所在地も異なるのです。海外FX業者のなかで、海外在住の方は登録できる会社が完全に異なります。紹介できる会社の一覧をまとめたので情報確認しましょう。

XM.com

XM.comは欧州の居住者向けにサービスを提供しています。FX業者が欧州で提供できる最大レバレッジは30倍となります。2018年に欧州証券市場監督局が、個人投資家の保護を目的としてレバレッジ規制を行った背景があり、XMはXM.comをXMGlobalと分けました。

Home Page

XMtrading

こちらはXMグループの中でライセンス規制の緩いセーシェル諸島のもの。XMグループが取得しているライセンスの中で1番規制が緩いです。XMtradingはアジア圏ですが、中国などは登録できません。このような場合はXM Globalのサービス提供地域に該当します。XMtradingはアジア圏ですが、主には日本人ユーザー向けです。これは日本の金融庁が絡んできます。日本で免許を未取得の業者が日本人にFXの勧誘をしてしまうと、日本の法律で日本人を守れないので金融庁は非常に困るわけです。

Home Page

XMGlobal

XMGlobalは欧州とアジア以外の居住者向けにサービスを行っています。ライセンスもベリーズIFSC、キプロスCySec、オーストラリアASICのような取得が難しいライセンスを複数保持しています。XMGlobalは欧州と日本以外の居住者向けと言った意味合いがとても強いです。中国人もXMGlobalの管轄になります。

Home Page

XMを使えない国

XMTradingにもXM.comにも登録できない国もあります。どうしても居住国が見つからない場合はXMの利用が禁止されている国に住んでいる可能性があります。具体的に、XMの利用が禁止されているのは次のような国です。

  • アメリカ
  • カナダ
  • ニュージーランド
  • イラン
  • 北朝鮮
  • ベリーズ

事情は国によって様々。アメリカは国外のFX業者の利用が禁止されています。上記の国に住んでいる場合はXMで新規登録することはできず、法律で決まっていることなので諦めるほかないのが現状です。FX業者を選択するうえで自分の居住国に対応しているか徹底して今すぐ確認しましょう。XMTradingでは日本、英語、タイ、マレーシア、韓国のサポートをしています。

トレード方法が豊富

XMTradingではスキャルピング、自動売買、両建てなど、トレード方法が豊富です。公式サイトで受け取れるキャンペーンやお勧めボーナスも多くあります。現在ボーナスは証拠金として利用することが可能です。投資対象も多数あります。口座タイプによりロット制限などがあります。

プラットフォームは豊富

プラットフォームは豊富でウェブトレーダーやMT4、MT5が対象。手数料も少なくトレードが可能です。ただし、XMのグループ会社によってはレバレッジなどが異なります。住まいを変えて移住することで別のXMグループ会社のサービスを受けることが可能です。税金対策なども変わってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました