XMTrading:基本通貨とは? 口座で設定、変更方法解説

XMTrading

XMTradingの基本通貨とは、口座への入金や出金・取引の元手となる証拠金に利用する通貨のことを指します。XMでは、口座の基本通貨を日本円・米ドル・ユーロの3種類から選択することができます。口座基本通貨を設定する際は慎重に選びましょう。慎重に選ばなければならない理由は下記で説明をします。

基本通貨とは

基本通貨は口座のベースとなる通貨のことです。基本通貨を円にした場合は、口座の資金の数字は円で表示されます。お金を入金すると数字は円で表示されます。同じお金をアメリカの銀行に入金すると、ドルベースなので口座の数字はドルで表示されます。海外の人気FX業者ではこの基本通貨情報の詳細としてUSD、EURなど異なる通貨から選択する形式を採用しています。スタンダード口座だけでなく全口座で同じです。これにより証拠金残高にも影響します。

基本通貨の種類

XMTradingのリアル口座の基本通貨は、現在3つの通貨があります。XMでは口座の基本通貨を日本円・米ドル・ユーロの3種類から選択することができます。

基本通貨の変更方法

XMの基本通貨は、口座開設時に一度設定してしまうとその口座内では変更はできません。しかしXMは1人につき最大8つまでリアル口座を保有できるため、再度口座開設を行うことで基本通貨も選びなおすことが可能となります。最初に公式サイトで内容を申請して決めなければなりません。スタンダード口座やマイクロ口座の作成であればさらにボーナス、ポイントも受け取りできます。

基本通貨の好み

基本通貨を敢えて、自分の使い慣れていないものに設定する人もいます。例えば、円にすると、値動きが激しく見えてしまいますが、これを米ドルにすると、値動きがとても少なく見えます。あくまで印象の問題でしかありませんが、値動きが小さく見えるようにしたいために、米ドルなどを選択する人もいるため、この辺は完全に人の好みで変わります。

為替手数料に注意

外国通貨を基本通貨とした場合、それぞれの通貨で入出金を行う必要があります。外国通貨の場合は為替手数料を取られてしまうため、要注意です。

レートの変動

外貨建ての口座を所有し、その外貨のまま入手金を行うのであれば関係のない話になりますが、外貨建ての口座に対し、入出金で日本円を絡ませようとすると、当然レート変動の影響を受けます。常にFXトレードを行っているようなもので、有利にも不利にも働く可能性があります。

基本通貨の設定は口座開設時のみ

XMの基本通貨は口座開設するときに設定します。変更はできないため、口座を新たに開設して基本通貨を別のものに設定することができます。なお追加口座は本人確認書類の提出不要です。新たに本人確認書類を提出して口座を有効化する必要はありません。口座開設時はトレーダーは基本通貨だけでなくプラットフォーム、ツールもMT4、MT5と確認して選択できます。投資を始めるときは金額は少なくして利益を狙いましょう。キャンペーンやボーナスも豊富です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました