初心者

Exness

Exness:両建ては禁止?可能? FXの取引注意点 解説

exness(エクスネス)では両建て取引ができるのか禁止か、制限されているのか注意点やルールを記事で解説します。多くのFX会社では両建てと言う取引形式を禁止事項にしていることが多いです。しかしExnessでは一体どうなのでしょうか。ExnessはFX会社の中でも制約が少なく、非常に自由度が高い会社です。禁止事項に関しても言及しています。
Exness

Exness:エクスネスのFXレバレッジ無制限、制限 レバレッジ規制と条件ルール 徹底解説

Exness(エクスネス)ではレバレッジ無制限・ロスカット水準0%での取引が利用可能ですので記事で方法について解説します。レバレッジ無制限を満たすにはある条件が必要になります。その具体的な条件や、制限事項などについて記事にしてまとめています。Exnessはハイレバレッジに加え、スプレッド・約定力などでも高い評価を受けています。
Exness

Exness:エクスネスの取り扱い銘柄一覧 FX取引のスプレッド徹底比較

Exness(エクスネス)取引口座で人気の通貨ペア、CFD、貴金属、株価指数、仮想通貨など銘柄一覧で紹介します。でこれからトレードを考えている人や、トレード初心者におすすめの記事になります。Exnessで取り扱っているすべての銘柄について説明をしていきます。Exnessは外国為替だけに特化した会社ではありません。色々な銘柄で取引が可能なのです。
Exness

Exness:口座タイプと特徴:ゼロ口座 エクスネスFX ロースプレッドと違い

Exness(エクスネス)の取引口座タイプの種類のなかでも、ゼロ口座はおすすめで、特徴やメリット、デメリットを記事で解説します。上級トレーダー向けの専用口座になります。ゼロ口座では、唯一「ゼロスプレッド」という仕組みが導入されており、ゼロスプレッドが採用されているためとても魅力的です。
Exness

Exness:海外FXエクスネスの口座タイプ種類と特徴:ロースプレッド口座

exness(エクスネス)の取引口座タイプ種類のロースプレッド口座はプロフェッショナル口座の1つになりますのでメリット、特徴を記事で解説します。この口座は上級者向けの口座であり、その名の通りスプレッドが狭いことが最大の特徴です。その点もあり、スキャルピングを主体に活動しているトレーダーにはとてもお勧めできる口座タイプです。
Exness

Exness:口座タイプと特徴 : プロ口座 エクスネスおすすめFX口座種類

Exness(エクスネス)の取引口座タイプ5種類の中でもスタンダードとは違ってプロ口座、ゼロ口座、ロースプレッド口座に関してはFXのプロ向けの口座タイプになっています。プロ口座は低スプレッドと取引手数料が無料、また即時約定方式を採用しているなど、上級トレーダー向けの口座タイプです。
Exness

Exness:エクスネスの口座タイプと特徴:スタンダードセント口座 FXのおすすめ口座種類

Exness(エクスネス)の口座タイプの種類であるスタンダードセント口座について取引の特徴を記事で解説します。スタンダードセント口座はあまり知らない人が多いです。スタンダードセント口座は、取引単位が小さく少額から取引できる口座タイプです。そのため、デモトレードで慣れた方がリアルトレードに挑戦する際にまずお勧めする口座タイプになります。少額ながら実際のお金で取引ができるスタンダードセント口座を利用すれば、デモトレードからリアルトレードへのスムーズな移行が可能です。
Exness

Exness:エクスネス口座タイプと特徴:スタンダード口座 最もおすすめなFX口座種類

Exness(エクスネス)の口座タイプ種類(プロ、ゼロ、ロースプレッド、セント)の中では最もおすすめがスタンダード口座ですので特徴を記事で解説します。この口座は初心者に対して一番人気があります。そのため、まずExnessが初めてと言う方、もしくはFX自体の初心者の方にはとてもお勧めできる口座タイプです。
Exness

Exness:口座タイプの選択とトレードの始め方

Exnessのアカウントを開設した後は、トレード口座を開設しなければなりません。口座タイプを選択して、トレードが開始できるようになります。その手順を紹介します。初めての方はまだ不慣れであることが多いので、参考にしてください。
Exness

Exness:エクスネス問い合わせ方法とサポートセンター FXガイド

Exnessのサポートの問い合わせ方法(チャット、メール)について対応時間、営業時間など解説します。Exnessでトレードをするにあたって色々な質問があることも多いでしょう。Exnessへのお問い合わせ方法は主に「ライブチャット」「メール」「電話」です。自分の好きな方法を選択してサポートセンター問い合わせをしてみてください。