Exness:FXスキャルピングが向いている口座タイプ メリット、デメリット 禁止事項まとめ解説

Exness

海外FX業者のExness(エクスネス)はスキャルピング取引があり、無制限レバレッジを活かせるのか禁止なのか条件を記事で解説します。とてもスプレッドが狭い会社として知られています。世界のFX会社の中でもとてもスプレッドが狭いため、スキャルピングトレードをメインにしているトレーダーには一番お勧めの会社になります。どんな口座タイプが向いているのでしょうか。

ExnessはどんなFX会社なのか?

Exnessは平均スプレッド(pips)が極めて狭いFX会社として有名です。銘柄(FX通貨ペア、貴金属(ゴールド)、エネルギー、株価指数、仮想通貨(ビットコイン))もとても多く、最大レバレッジは2000倍にもなります。手数料も安いですがボーナスやキャンペーンがほとんどがありません。しかしストップロスが0となっており、証拠金ゼロまでトレードできるのでトレーダーの裁量が求められます。自動売買ツール(EA)も利用できますし、公式サイトでもツールが各種無料で利用可能。

トレード環境は恵まれている

トレードプラットフォームは業界で有名なMT4やMT5に対応。さらには注文の環境も最適で良く、スリッページや約定拒否などは起こりません。スピード決済も可能で、エントリー後に含み損が大きく、損失だして口座残高がマイナスとなった場合ゼロカットも発生します。レバレッジが高いため、少額から取引可能です。両建てなども可能となっています。

5つの口座タイプ

現在実質5つの豊富で幅広い口座タイプから相場にあわせて適している好きなものを選んでそれぞれハイレバなトレードが可能です。XMやfxgt、bigboss、axiory、titanfx、iforex、fbs、threetraderなどと比べても豊富な口座タイプと銘柄になっています。追加口座の作成も可能なので、自由度も高いです。通常取引コストも抑えられて安いです。

ライセンスも保持している

Exnessは金融ライセンスを保持していますので安全性は担保されています。運営会社には最低限の規制は敷かれているので安心です。年末年始などは営業が止まりますが、早朝から深夜までトレード可能。比較的ハイレバレッジなトレードが可能で最大レバレッジは2000倍となります。法人口座やイスラム口座もあるため、トップクラスの恵まれた環境にあります。

スキャルピングトレードとは?

スキャルピングとは、数秒や数分単位で小さな売買を繰り返し、利益を重ねていくのトレード手法です。つまり超短期トレードとなり、短い時間の中で値幅を狙う戦略になります。これはボラティリティのとても高い、経済指標の時間帯がとてもお勧めです。スキャルピングで利益を狙うには、チャートの動きを分析してトレンドを瞬時に分析する能力と、素早く売買するテクニックが必要になります。またスキャルピングトレードは決済タイミングがすべてなので、チャートに集中できなければ勝つことはまずできません。

スキャルピングは難しい

スキャルピングで投資初心者が利益を上げることは、簡単ではありません。何と言っても決済タイミングを誤ると大損になってしまうからです。適度な値幅を取れたらすぐに利確をしていかないと、すぐに流れが変わってしまうことが多いです。初心者の場合は先ずロットを最低レベルまで下げてからトレードをした方がいいでしょう。

取引が活発な通貨ペア

スキャルピングトレードをするためにはスイスフランやオーストラリアドルのような値動きの少ない通貨はおすすめしません。ユーロやポンドなどの値動きが激しい通貨ペアでなければ、短時間で値幅を狙うことがかなり難しいからです。そのためスキャルピングトレードは基本的にメジャー通貨である必要があります。

ロットは抑える

スキャルピングトレードは少ないロットでやることが大前提です。特に経済指標を狙ったスキャルピングの場合、ロットを入れ過ぎると、逆行されたとたんに全資金が消えてしまいます。かなりリスクがありますので、ロットは必ず最低レベルまで引き下げることが絶対条件になります。

スキャルピングトレードが向いている口座タイプ

各口座タイプにおけるスプレッド差に関しては以下の記事にまとめています。FX通貨ペアにおけるスプレッドを口座間で比較をしておりますので、参考になるかと思います。スキャルピングにおすすめの口座タイプはロースプレッド口座か、ゼロ口座、プロ口座になります。

スキャルピングは禁止事項?

Exnessではスキャルピングトレードを禁止にしておりません。これは裁量トレードにおけるスキャルピングだけでなく、自動売買におけるスキャルピングもOKとしています。そのため制約は一切ないと思ってください。ただし以下のデメリットは理解しましょう。

スプレッドが広がる時間

重要な経済指標がある時間帯や、とても大きな政治イベントが起こった時はスプレッドが極めて広くなります。これはどこのFX会社を利用したとしても起こりますので、注意するべきです。

レバレッジ制限

Exnessは無制限レバレッジではあるのですが、1000ドル以上の残高になってしまうとレバレッジ制限が働いてしまいます。ただし制限がかかっても、最低500倍以上のハイレバレッジで取引が可能です。

約定力が低め

Exnessはそれほどサーバーが強くありません。そのためか約定力が少し低いのです。スキャルピングでは不利になる可能性も視野に入れておくべきでしょう。

Exnessでスキャルピングが向いている理由

Exnessはなぜスキャルピングトレードが向いていると言われるのでしょうか?その理由としては以下が挙げられます。この業者は人気でランキングでも上位のブローカーです。運営で提供されているレバレッジも高く、他よりも狭いスプレッドでポジションを保有できますから効率が良く設定に恵まれております。そのためシステムではスキャルピングを徹底して活用できるのです。

無制限レバレッジ

Exnessでは無制限レバレッジという制度があります。これはトレーダーにとってはとても大きなメリットになり、レバレッジを上げてスキャルピングトレードをすることで一瞬の値幅を取ることができます。

スプレッドがとても狭い

上記の記事でも紹介した通りですが、Exnessは極めてスプレッドが狭いことで有名です。これにより、スキャルピングトレードでかなり有利な戦いができるようになります。ちょっと順行すれば大きな値幅を取ることができます。

ロスカット水準

Exnessはロスカット水準が0%となっております。そのため、ロスカット率が0%なのは非常にスキャルピングと相性が良いです。全額欠損するまで、ポジションを維持することができるというメリットがあるのです。

ゼロカット

Exnessは、ゼロカットを利用したトレードが特別禁止されている訳ではないので何度ゼロカットをされても追証になりません。トレーダーは借金を負うリスクが一切ないため、とても有利な条件でトレードができます。

スキャルピングトレードにおすすめの通貨ペア

スキャルピングトレードで一番ポイントになるのはとにかくスペックとしてはスプレッド差がとても狭い通貨ペア(ユーロドル、ドル円など)の商品を選ぶということです。特に以下の厳選された通貨ペアはスプレッド差がとても狭いのでお勧めになります。5種類の口座タイプと合わせ、以下の通貨ペアの傾向を加味すれば有利。経験や知識が豊富であれば、ほぼ即時で含み益になるので稼ぎやすく魅力です。

  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/USD

口座開設のお勧め

Exnessでの口座開設はお勧めです。Exnessはとてもスキャルピングトレードのスタイルに特化しているFX会社ですので、とても狭い、最小のスプレッドを楽しんでみてください。回数をたくさんやって小さい往復で短期間で稼げます。また金融庁のライセンスも保有しており安全です。市場では必ず損切りラインも決めておきましょう。価格は常に広がり、変動するからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました