海外FX Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の出金拒否の噂は本当?評判、安全性に問題なし?

Milton Markets

Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の出金拒否の噂は本当か、安全性について記事で解説をします。Milton Marketsの実態について調べてみましたので記事を参考にしてもらえればと思います。基本情報や取得ライセンスなど調べております。

MILTON MARKETS(ミルトン マーケッツ)の会社情報と安全性

MILTON MARKETS(ミルトン マーケッツ)の概要は2015年にバヌアツ共和国で設立されたFX会社になります。バヌアツ金融サービス委員会の規制を受けており、VFSCの金融ライセンスを取得しているため、とても信頼性のある会社でしょう。過去に運営会社の名前は「WSM INVEST LIMITED」で、一旦セントビンセント・グレナディーンに会社を移転させていましたが、最終的には社名を変更しており、バヌアツに拠点を置いています。以下を確認してみましょう。

運営会社Milton Markets Ltd.
設立2015
所在地バヌアツ共和国
2nd Floor, Transpacific Haus
Lini Highway Port Vila, Vanuatu
金融ライセンスVFSC:バヌアツ金融サービス委員会

金融ライセンスも取得

以上のこともありMiltonmarketsはVFSCの金融ライセンスを取得しているため、運営会社は信頼性が高く、必要な金融庁の規制下の元に置かれており、運営されています。しっかりとした金融ライセンスを取得しているため、詐欺や架空請求などの恐れはありません。メリットも大きく、トレーダーからの高い信頼を得ることができています。高い質のサービスが提供されています。

分別管理あり・信託保全なし

MILTON MARKETS(ミルトン マーケッツ)は顧客、トレーダーの投資による利益や資金と業者資金を大手国際銀行にて明確に分別管理をしています。そのため100%資金の環境は安全に保護されており勝手にトレーダーの資金が会社に使い利用されることはありません。一方で、信託保全なしです。万が一、倒産した場合、全額返還される保証はありませんので一部で問題になるかもしれません。

警告を受けている国もある

現在MILTON MARKETSはVFSCの金融ライセンスを取得しているのですがその他の国ではライセンスを保有しておりません。日本の金融庁からは以前「無登録で金融商品取引業等を行う者」として警告を受けました。ただし、仮にそうであっても外国人のトレーダーは自己責任であれば、利用は違法でもなく使うことができます。今のところ出金拒否などの被害はありません。注意点として以前ブローカーの親会社で問題が起こりましたが、今は大きな問題がおこる可能性はありません。

Source : URL

出金方法はどのようにやるのか?その方法

出金方法はログインしてマイページから申請することができ入金方法と同じ手段で行うことが可能です。入金方法や方式に関しては以下の記事で紹介しているので、この方法と同じ方法で出金ができます。そのため情報を参考にしてみてください。銀行振込、ビットウォレット、仮想通貨のテザー(USDT)の選択で手続きは対応してくれます。

出金拒否はあるのか?口コミを調査してみた

Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の出金拒否の噂は本当なのか、実際のユーザーによる評価をX(Twitter)を中心に調査して一覧にしてみました。どのような意見があるのか?実は調べると、それ程実例がありません。そのため、利用しても問題がないFX会社と言えるわけです。ニュースなどみても、グループの全体でマイナスなレビューは見られません。

利益分の出金拒否が起こった?

利益分の出金拒否が起こったということのようです。しかし伝聞であり、これが本当かどうかは分かりません。XMやAxiory、FXGTなどと他社と比較しても無料で口座が作れて、最大レバレッジは1000倍でとても高いので条件はとても良いブローカーです。ただしスマート口座は100万円以上入れると200倍までレバレッジは下がりますので有利にはなりません。

取引してたのに出金拒否

取引してたのに出金拒否されたと言う口コミがありました。しかしこの画像を見てみると、ボーナス利用における取引量不足と言う理由がしっかり記載されていました。最低でも証拠金(クレジット)がゼロだと投資家はプラットフォームのMT4のツールで各取引ができません。用意をしてからやりましょう。

不正行為による利用禁止

不正行為がある場合は、当然ながら利用が禁止されてしまいます。これは他のFX会社でも同様になります。ただ、この会社の場合はしっかり返金しているため、極めて健全なブローカーと言えるのではないでしょうか。公式サイトのページでも記載があるので確認しましょう。悪質な手法は少額でもリアルでBANの可能性があります。

不正行為と内容には絶対気を付けよう

どこのFX会社でも不正行為を行った場合、口座の凍結やアカウント凍結と言った処分が科せられてしまいます。定める不正行為がありますので抑えておきましょう。狭いスプレッドや低い手数料は魅力ですが、やり方や内容には気を付ける必要があります。

ボーナスの不正獲得狙い

ミルトンでは基本的に豪華なボーナスや期間限定の高額なキャンペーンが他社より頻繁に開催されています。しかし、ボーナスなどを不正に獲得して付与されてしまった場合は処罰の対象になってしまうので続けて始めるのは危険性が高いです。比較的これは本当に見つかりやすく最短で1日以内に発覚するケースもあります。

第三者によって口座が管理されている

ミルトンでは口座開設のときにしっかり本人確認をしています。入金や出金の際には本人確認を行うので、第三者によって運用されていることがばれると口座の凍結のリスクがあります。送信する前にしっかり名義人や契約している現住所、電話番号など、どちらも確認しましょう。

複数口座間でのヘッジ取引

ミルトンではスキャルピングトレードや自動売買(EA)、さらに両建ての実施がOKとなっております。しかし複数口座間でのヘッジ取引は禁止となっているので注意が必要です。同様に複数の業者間でのヘッジ取引も禁止です。

窓開けや経済指標を狙った取引

外国為替や貴金属、エネルギー、株式で窓開けや経済指標でアクセスして狙った取引も禁止されています。時間により、通貨ペアのpipsの幅が変わるのでこれを狙うわけですが、ロスカットのリスクも高りますので危険です。平均してみても新規の多くの方はこれでやられます。結果として20%の重要なロスカットの水準に達してしまい、欠損してしまう方は多いのです。ゼロカットは設定されて採用されますので追証はないです。

出金ルールは確認した?よく見てみてみましょう

もし違反行為もしていない、さらにはなにも問題も起こしていないのに出金拒否をされてしまった場合は以下のケースのどれかに当てはまる可能性が極めて高いです。いずれかをチェックしてみましょう。フォームから運営に直接、ネットから質問も可能です。実績のある会社ですので安心して開始ができます。よくある質問や利用規約もチェックしておいてください。

口座の認証が終わっていない

口座開設をしたら、身分証明書と住所確認書類の2点の提出と認証が必須です。これのいずれかが完了していないと、出金ができません。身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、在留カード)は顔写真付きで公的機関の発行であること、住所確認書類(住民票、クレジットカード、公共料金の明細、請求書)は90日以内に発行されたもののみがアップロードで有効になります。さらに住所と氏名がわかる者である必要があります。

ポジションを保有したまま出金

ミルトンではポジションを保有したままで決済をせずに出金をすると受け取ることができず自動で拒否される仕様になっています。まずは決済をしてください。一切注文せず資金管理はしっかりしましょう。ポジション保有は影響が大きいです。またスワップポイントもマイナスだとその分が影響します。

休眠口座になっている場合

休眠口座とは、ユーザーが30日、取引がないと3000円の口座維持の手数料が発生し、口座を60日以上取引がない場合に移行される制度です。休眠口座では、毎月3000円が残高から差し引かれ、取引ができません。3000円よりも残高が低くなった場合は強制的に閉鎖されてしまいます。休眠口座は再度アクティブにできますのでサポートに聞いてみてください。自己で処理せず完全に放置は危険です。

入金方法と違う出金方法

入金方法と違う出金方法は進めることがNGです。入金方法が銀行振込の場合は、出金方法も銀行である必要があります。これはマネーロンダリングの防止のために実施中で、他のFXブローカーでも非常に詳細が同じ仕組みになってるのです。上記において少なくともお客様の資産の管理では個人情報をしっかり照合します。

クレジットカードは不可

通常、クレジットカードは対応していません。デビットカードも対応していません。業界のなかでも総合して、対応が少ないです。またビットコインも採用しておりませんので利用者はデメリットに感じるかもしれません。全部、自社では対応していないのでFX会社を選ぶさいは慎重に考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました