IronFX:レバレッジ制限 規制ルールと倍率変更、ロスカットと最大ロット 解説

IronFX

IronFXでは最大で1000倍のレバレッジを掛けてトレードができるため、かなりのハイレバレッジブローカーと言えるでしょう。そのため少額からでもトレードができるので、安心ですが、取引銘柄や口座タイプによってはレバレッジが違うため注意をしましょう。

口座タイプ別レバレッジ

IronFXでは8個の口座タイプが存在します。実はそれぞれレバレッジが異なりますので注意です。ライブ口座は1000倍となりますが、STP・ECN口座、さらにはライブのゼロスプレッド、コピートレード口座においては500倍まで落ちてしまいます。またコピートレード口座にはプロ口座もあり、こちらは250倍となります。

Live fluctuation1000
Live Fixed1000
Live Zero500
STP/ECN No comission500
STP/ECN Zero500
STP/ECN Absolute Zero500
Copy Trade500
Copy Professional Trade250
Cent1000

取引商品別レバレッジ

トレーダーはさらにここから銘柄別のレバレッジも見なければなりません。実は取引商品によって最大レバレッジ制限があります。外国為替は1000倍なのですが、他の銘柄は基本的に低く抑えられてしまっていますので、注意です。

Forex1000
Metal500
Commodity50
Indices100
Energy 100
Stocks20
Crypto200

口座タイプ別のマージンコールとロスカット水準

レバレッジと共に覚えておきたいのがロスカットレベルです。ロスカットとは、規定した水準まで含み損が溜まると、強制的に損切り決済がされるルールです。IronFXでは割合で決まっており、証拠金のうち、以下の割合に達すると、ロスカットトリガーが作動します。

またマージンコールは証拠金のうちの規定した割合に達すると警告が発生します。警告を受けたからと言って強制決済されるわけではありませんが、しかしロスカットが近づいているという証になりますので、トレーダーは意識をした方がいいです。これが出るということは含み損を抱えすぎているという証拠になります。

各口座タイプ別ロスカット水準は、ライブ口座やコピートレード口座は20%ですが、STP/ECN口座のロスカット水準は50%なので注意してください。

Loss CutMargin Call
Live fluctuation20%40%
Live Fixed20%40%
Live Zero20%40%
STP/ECN No comission50%100%
STP/ECN Zero50%100%
STP/ECN Absolute Zero50%100%
Copy Trade20%40%
Copy Professional Trade20%40%
Cent20%40%

取引商品別最大ロット

IronFXでは取引商品によって、最大ロットが決まっています。大口のトレーダーの場合は、特に意識が必要になります。

Forex400 lots
Metal100 lots
Commodity100lots
Indices100 lots
Energy Spot100 lots
Energy Future100 lots
US Stocks100000 lots
UK Stocks40000 lots
EU Stocks40000 lots
Crypto100 lots

レバレッジ制限ルール

IronFXではレバレッジ制限と言うルールがあります。レバレッジ制限は口座残高によって自動的に設定されます。資金が少ない口座ほどレバレッジは高くなるということになります。口座残高が増えていくと、徐々にレバレッジ規制がされてしまうことになります。

Max Leveragebalance
1000500$ – 9999$
50010000$ – 49999$
20050000$ – 99999$
100100000$ –

特定の時間帯

IronFXでは毎週金曜日(日本時間)21:00~24:00に最大レバレッジが100倍に制限されます。

経済指標発表

IronFXではアメリカの失業率、CPI、さらには各国政策金利などの発表する時間には必ずレバレッジ規制が発生します。重要経済指標や重要イベントは注目度が高く、通常よりも価格変動が大きくなるため、強制的にレバレッジが低く抑えられます。

ゼロカット対応

IronFXではゼロカットシステムに対応しています。ゼロカットシステムとは、何らかの間違いで口座残高がマイナスになることがあります。マイナスになった場合、その分をトレーダーが負担することになってしまうのですが、この分はIronFXが変わって負担をしてくれるのです。つまりトレーダーには借金を抱えるリスクがない、追証がないということになりますのでとても安心です。

ゼロカット発動までの条件と順番

マージンコールからゼロカットまでの順番を説明します。

マージンコール

まず最初に始まるのはマージンコールです。マージンコールは警告であり、トレーダーに対して何らかの制約を課されることはありません。しかしこの状態でトレーダーは資金追加をするのか、それとも諦めて損切りをするのかをそろそろ決める必要があります。

ロスカット

マージンコールの後になるのがロスカットです。強制決済となりますので、トレーダーは何もできることがありません。ロスカットは強制決済をすることで、トレーダーの資金を守ることが目的になります。ポジションが複数ある場合は、含み損の大きなものから強制決済されます。

ゼロカット

ロスカットの後に発動するのがゼロカットです。ゼロカットは基本的に発動することが多くはありません。ゼロカットは口座残高がマイナスになった場合に発動します。ゼロカットによりマイナスになったぶんはIronFXが補填をしてゼロにします。

無料で口座開設

IronFXは無料で口座開設が可能となっています。以下の記事で紹介をしていますので興味がある方は開設をしてみましょう。キャンペーン情報がとても豊富で先物CFD、エネルギー、株式、仮想通貨、インデックスなど提供されておりログインすればたくさんの金融商品を無制限にトレードできますのでおすすめ。損失を出してもロスカットが採用されますので魅力です。トレードで利益出すためには経済ニュースを常にチェックしましょう。

レバレッジ変更が可能

レバレッジ変更が可能でユーザーは10倍、50倍、100倍、200倍と変更可能です。通貨ペアなど銘柄によって最大レバレッジは決まっているので上記の一覧から選択して確認しましょう。ハイレバレッジで十分な額を稼ぐことができます。通貨もUSD、EUR、GBP、JPY、ADU、CHFなど経済市場メジャー通貨を網羅しています。ただし居住国(キューバ、スーダン、米国、シリア、北朝鮮)によってサービスが利用できません。

プラットフォームもMT4

プラットフォームも豊富でMT4(メタトレーダー)に対応していますしウェブトレーダーやウェブトレーダーアプリもあります。公式サイトで無料インストールが可能。スキャルピングや両建てなどで始めることもでき投資する取引量も好きに決められます。マーケットの動向内容を見ながら影響を予測して金融商品の注文をしていきましょう。

ボーナスやキャンペーン

ボーナスや豪華キャンペーンもグループで毎日開催されています。公式サイトにアクセスするとたくさんの情報があります。コンテストも開催されており、入賞すると賞金がもらえます。適したサービスを受けることで年間利益が確定したら税金を払う必要性が出てくるの注意しましょう。一部対象外口座もあります。ボーナスは元金、証拠金として100%使うことができます。

セミナーやポッドキャスト

セミナーやポッドキャストもあります。メディアがとても充実しており、ウェビナー、セミナーなどが開催されています。さらにはカレンダーやビデオなどカテゴリーごとにサービスも充実。公式ブログもあり、知識も積めます。アフィリエイトプログラムもありibパートナーも募集中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました