HFM(旧HotForex):禁止行為 両建てやスキャルピングは可能か?

HFM

世界的にも人気のFX会社であるHF Marketsは色々な口座を作ることができ、自由にトレードができます。しかし何でもOKというわけにはいきません。比較的優良な会社として知られていますが、禁止行為がありますので、必ず守ってください。

HFMの最大レバレッジは高い

HFMでは最大レバレッジは2000倍にもなっており、非常に高いです。easymarkets、iforex、fbs、axiory、bigboss、fxgtやXMなどと比べてもハイレバレッジトレードが提供されております。自動売買(EA)ツールも設定許可されています。ポジション保有も多数できるため、内容としてもサービスは裁量トレーダーに向いていますので評価が高いです。約定拒否などもおこりません。

ロスカットとゼロカット採用

HFMではロスカット水準、制限が口座タイプで設定されており、ゼロカットルールも採用されています。経済指標では残高によりゼロカットがかなり機能するので安心です。仕組み上口座タイプにより、ボーナスとキャンペーンも採用されていますが、ないほうがpips幅が狭い条件でトレードが可能です。ボーナスは証拠金にでき、クッション機能があります。ポイント付与制度もあり、キャッシュバックも充実しています。

両建ては禁止?

HF Marketsでは両建ては許可されています。ただし、両建てを認めているものの、条件があるので注意が必要です。海外FX業者のなかには制約が厳しい所もありますが、HFMは比較的自由度が高いです。

両建てとは?

両建てとは、ある通貨ペアの買いと売り両方のポジションを同時に持つことを指しています。両建てのポジションを持つと、通貨ペアの価格が上下のどちらに変化してもトレーダーには一切の損失が発生しません。しかし利益にもなりません。2つのポジションのうちのどちらかを決済して、収益が出ている方のポジションだけを残すことによって、トレーダーは収益を上げることができます。しかしタイミングを間違えてしまうと、両方のポジションで損失になるため、初心者ではなかなか難しい取引です。

異なる口座の両建ては禁止

HF Marketsでは両建てを認めていますが、アカウント間の両建てを禁止しています。両建てによってトレードを行う場合には、必ず同じ口座で両方のポジションを持つことが条件になっており、異なる口座で同じ通貨ペアの反対ポジションを持つ両建て行為は禁止をしています。

異なる会社での両建ては禁止

HF Marketsでは両建てを認めていますが、FX会社複数をまたいでの両建てを禁止しています。これはA社でEUR/USDの買いポジションを持ち、B会社でEUR/USDの売りポジションを持つというもの。これが発覚すると、口座凍結になる可能性もあり得ます。

スキャルピングは禁止?

HF Marketsではスキャルピングトレードを許可しています。スキャルピングで短時間に数多くの取引ができるため、忙しい人でも短時間で稼げる可能性があります。これと言った規制はないため、安心できるでしょう。

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、短時間でエントリー、決済をする短時間トレードとなります。スキャルピングトレードは主に経済や政治指標のときに行う方が多いです。スキャルピングトレードは慣れるまではよく負けますのでロットは抑えてトレードをしましょう。

スキャルピングトレードは難易度が高い

スキャルピングトレードは相場がよく動く時間帯で勝負するのが鉄則です。難易度がとても高いので、慣れるまでは勝てません。しかし値動きについてよくわかりますので勉強でやるにはとてもお勧めのトレード手法になります。

自動売買は禁止?

自動売買はHFMでは禁止にはなっておりません。そのため、問題なく自動売買を行うことができます。しかし自動売買の場合は、ほとんどの人が破綻しております。これはHFMとかブローカーは関係なく破綻してしまいます。

相場はロジックではない

相場は基本的に人の感情で動くものです。そのため、自動売買のようにロジックが嵌るときは多いのですが、トレンドが強く出てしまうと、含み損を抱えすぎてしまい破綻する人が多いのです。99%以上のトレーダーが破綻しています。

エントリー回数に注意

自動売買の場合は、エントリー回数に注意しましょう。あまりにも短時間で大量の決済を行ってしまうと、サーバーに対してかなり大きな負荷を与えてしまうことになります。これは他のユーザーに対してかなり迷惑になりますのでやらないほうがいいです。

その他禁止事項

両建てやスキャルピング意外にもトレーダーは以下のようなトレードに気を付ける必要があります。もし悪質だと判断されると、利益の没収や、アカウントの凍結もあり得るため注意してください。またその他にも意図的に遅延レートを悪用したり、窓埋めトレードなどは逆にトレーダーにはチャンスではありますが、これらは有効とはいえず、それぞれデメリットで警告される可能性があります。詳細は公式サイトの利用規約を確認しましょう。

ボーナスを不正利用した取引

ユーザーがボーナスを不正に獲得して、トレードに使用したと言う事例が過去にあります。実際にこれを行ってしまったトレーダーがおり、運営側から、ボーナス支給の停止処分をしています。そのため、ボーナスを不正に獲得するなどはやめてください。

裁定取引

裁定取引(アービトラージ)とは異なる市場間で価格差を利用した取引をして利益を上げることです。これも禁止事項であり、ペナルティの対象になりえます。もし発覚してしまった場合は、利益没収だけでなく、アカウント凍結などを課せられることもあります。

窓開けを狙った週明けトレード

外国為替では土曜日朝に相場が締まり、月曜日の朝に相場が開きますが、ここで窓開けという価格差が起こる事象が起こり、相場はその窓を埋めるための動きをする傾向があります。この窓埋めの発生率は80%を超えると言われており、これを狙ったトレードもペナルティになる可能性があります。

サーバーに負荷をかけるトレード

短い時間の間に大量の発注などを行うと、運用サーバーにかなり大きな負荷が与えられてしまいます。このようなことが起こると他のトレーダーにも悪影響を及ぼすため、ペナルティがあり得ます。

ペナルティ

以上のような禁止行為や迷惑行為を行うユーザーに対してはHF Marketsがペナルティを課すことがあります。アカウント閉鎖、アカウント無期限停止、アカウントから利益の没収と言ったものがあります。顧客に違約金を請求可能性もあるため、大きなリスクになります。絶対にしないようにしてください。

アカウント凍結

一番大きなペナルティ処置がアカウント凍結になります。アカウント凍結になった場合、入出金ができなくなりますし、新しい口座を作ることもできません。またHFM運営側がブラックリストに登録していますから、新しくアカウント作成もできても、認証で100%ブロックされます。解除する場合はサポートセンターと交渉をすることになります。

口座凍結

何らかの禁止行為をしてしまった場合は、口座凍結の可能性があります。口座凍結をされてしまうと、該当口座の入出金やトレードができなくなります。新しい口座の作成はできますが、既存口座の解除する場合はサポートセンターと交渉をすることになります。

最悪の場合は他のFXブローカーを使う

いずれにしてもアカウントや口座凍結をされてしまった場合で、かつ運営側と交渉してもまったくどうにもならない場合はHFMでの使用を諦めるしかありません。その場合は他のFXブローカーを使用するしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました