HFM(旧HotForex):MT4とMT5のダウンロード、インストールとトレード開始方法

HFM

HF Marketsでトレードを始めるにはMT4かMT5のトレード専用ツールを使わなければトレードを開始することができません。そのためこれらのツールをPC、もしくはスマートフォンにダウンロードしてインストールしなければならないのです。

まずは口座開設

HF Martketsでトレードを始めるには、まず口座を作らなければなりません。下記記事を参考にして口座開設をまず行いましょう。

MT4とは?

MT4とはMetaQuotes Software社が開発した、無料で利用できるFX取引ツールです。全世界で数百万人以上のトレーダーが使っています。MT4には自動売買の専用ツールとしての機能、インジケーター機能、さらにはカスタマイズ性に優れているという特性を持っています。デメリットはもうすでにアップレートが終わっていると言うことです。つまり古いツールであり、MT5によって今後は取って代わられると思います。

MT5とは?

MT5とは、MetaQuotes社が2010年にMT4の後継としてリリースした、FX、為替商品、先物の取引プラットフォームです。MT4よりもMT5のほうが機能に優れており、今後はMT5が確実に主流になっていくでしょう。インジケーターの開発、デバッグに利用できるメタエディター5が搭載されている点は、特徴として挙げられます。ただしMT4とMT5では互換性がないため、MT4で使えてもMT5では使えないと言うこともあります。

MT4とMT5のダウンロード、インストール方法

HF MarketsのマイページではMT4やMT5のダウンロードが可能になっています。まずはマイページへ行ってください。画面左のメニューから「Platform」をクリックすると、MT4とMT5が出てきます。どちらかを選択してダウンロードしてください。

TerminalはPC版になります。それだけでなく、PC版、iPad版、iPhone版さらにはAndroidまで揃っています。好きなものを選んでクリックしてください。Web Terminalはダウンロード不要で、ブラウザ上でトレードができるものです。

それぞれダウンロード先が明示されているのでクリックしてダウンロードしてください。

PC版の場合は、ダウンロードが開始されます。セットアップ画面が立ち上がりますので、右下の「次へ」をクリックします。インストールが終わると下記完了画面が表示されるので、右下の「完了」ボタンを押します。

ログインする手順

MT4やMT5にログインするにはライブ取引口座開設のメールを用意します。以下のようなメールをもらっているはずです。これがない場合は、サポートセンターに問い合わせをしてください。

上記の「口座番号」と「パスワード」と「サーバーの名前」の3つが必要となります。これらの情報をログインする際に入力することになります。

PC版の場合

PC版の場合は、立ち上げて、サーバーを選択したら、既存のアカウントを選択し、ログインIDとパスワードを入力することでログイン可能です。

スマートフォン版の場合

スマートフォン版の場合はまずMT4、MT5をダウンロードすると、アプリが出てくるのでタップしてください。アプリを開くと上記のように「気配値」と書かれた画面が表示され、各FX銘柄の一覧が出てきます。口座管理をクリックすると、「+」ボタンがあるのでタップしてください。

サーバーを追加します。「新しい口座」という画面に切り替わるので、上記「既存のアカウントにログイン」をクリックします。検索ボックスを利用します。検索BOXに「HFM」と入力するとサーバーが出てくるので、該当するサーバーを選択してください。

追加後、ログイン画面になるので、IDとパスワードを入力することで完了します。

トレード方法

注文方法はPC版とスマートフォン版の場合で違いがあります。

PC版の場合

メニューの「ツール」から「新規注文」を選択します。「成行売り」、または「成行買い」をクリックし、注文の発注が完了します。

銘柄:取引銘柄(通貨ペア)を選択します。

タイプ:成行の場合は「カウントダウン注文」を選択します。「指値注文」を選択すると、新規の指値・逆指値注文を行います。

取引数量:ロット数で指定します。

Stoploss:損切り注文の価格を指定します。

Take Profit:利益確定注文の価格を指定します。

スマートフォン版の場合

スマートフォン版の場合、気配値画面で、指値注文をしたい通貨ペアを選択後、チャート表示をすると、チャートの右上で「+」ボタンがあるため、これをクリックすることで以下のような画面になります。SellもしくはBuyボタンで注文が成立します。

上部赤枠の数値:ここでロットを指定します。

Stoploss:損切り注文の価格を指定します。

Take Profit:利益確定注文の価格を指定します。

MT4とMT5の注意点

MT4とMT5の注意点としては以下のようなものがあります。

メタトレーダーを導入するメリットはある?

MetaTraderは世界で最も使用されているトレードツールとなります。そのため、このツールを使いこなすことができれば他のFXブローカーでも簡単にトレードができるようになりますので覚えておくことをお勧めします。

MT4はおすすめ?

MT4はすでに開発が終了しています。開発しているメタクオーツ社はMT5のほうに注力しておりますので、今後はMT5の機能拡張がメインとなっていきます。これからはMT4で不具合が起こっても改修されない可能性がありますので注意しましょう。

自動売買に向いているのはどっち?

自動売買に向いているのはMT4のほうです。歴史が長いということもあり、かなりたくさんの自動売買ツールがMT4で動かせるようになっています。そのためMT5はまだまだこれからです。

ダウンロード無しで利用できますか?

メタトレーダーはブラウザ用が用意されていますので、ダウンロードなしでもサービスを利用できるようにしています。しかし大半のユーザーはスマートフォンバージョンを使っています。またHFMではウェブトレーダーがありますのでそちらでもトレードが可能となっています。

不具合はある?

メタクオーツ社の開発した2つのツール両方に言えることですが、ごくまれに文字化けをすることがあります。これは特に中国語をメインにしているとこの現象が起こりやすくなりますので注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました