HFM(旧HotForex):必要証拠金とは? 計算方法

HFM

MT4やMT5でトレードしていると、必要証拠金と言うものが用語として出てくると思います。この用語は当たり前ですが、トレードを始めたばかりの方にはわからないと思いますので、用語の意味や計算方法などを説明します。

必要証拠金とは?

必要証拠金とは口座に最低限預け入れしなければならない金額を指します。FXだけでなく、株であったとしても、取り引きをするために最低限預け入れをしていなければトレードはできません。これを「必要証拠金」と呼んでいます。取引必要証拠金は、レバレッジによって変動します。

取引必要証拠金とは?

取引必要証拠金は、取引する際に最低限必要な金額(担保金)を指します。取引必要証拠金は、レバレッジによって変動します。

計算方法

レバレッジを1000倍として仮定した場合の計算方法は以下です。取引必要証拠金は、必要証拠金を算出してから計算できます。

基準価格 × 1/1000= 必要証拠金

必要証拠金 × ポジション保有数量 = 取引必要証拠金

レバレッジとは

レバレッジとは預け入れした証拠金の何倍も大きな取引が行える仕組みです。一般的に「てこの原理」とも呼ばれています。少ない証拠金で多額のお金を稼げるという仕組みですが、その一方で、レバレッジを上げ過ぎると、お金を大きく失うリスクも発生します。

必要証拠金を元にトレーダーは取引をします。これに関わってくるのはマージンコールやロスカットです。これらについては以下の記事で紹介しています。

レバレッジのメリット

レバレッジの最大のメリットは、担保である証拠金の何倍もの金額を取引できることです。レバレッジを活用することで、少ない元手でも大きな利益を期待できる場合もあります。高い倍率のレバレッジであるほど利益が大きくなるのです。これによって少額からとても大きな金額にすることが可能な仕組みです。

レバレッジのデメリット

取引が失敗した場合には想定以上の大きな損失を被る可能性があるのがデメリットです。少額から大きな金額にできるということは少額をすべて失う可能性も同等にあるということ。レバレッジを活用する際は、損失が発生するケースも想定しつつ、レバレッジ設定をしなければなりませんので、初心者の場合は特にレバレッジは抑えたほうがいいということになります。

HFMのレバレッジ制限

HFMでレバレッジ制限があります。ただしレバレッジ規制されるのは口座残高が一定以上の場合のみです。少額取引の場合は関係ありません。最大レバレッジは2000倍となっています。

Leverage
~$100002000
$10000~$500001000
$50000~$300000500
$300000~75

口座別レバレッジ

レバレッジはマイクロ口座は1000倍となり、プレミアム口座とゼロスプレッド口座は500倍となります。口座タイプにより最大レバレッジが違う点に注意をしてください。HFMのレバレッジ1000倍は業界最高水準、しかしマイクロ口座以外ではレバレッジ1000倍を選択できないので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました