HFM(旧HotForex):ロスカットとマージンコール

HFM

HF Martketsではロスカットラインがある程度設定されています。含み損になったからと言って、いつまでも含み損でいられるわけではありません。ある一定のラインになると、強制ロスカットにもなります。ロスカット水準である証拠金維持率はどのくらいなのでしょうか。

ロスカットとマージンコール

ロスカット・マージンコールは以下の通りで、口座タイプによって差があります。マイクロ口座のみ別設定になっており、その他の口座はすべて共通しています。パーセンテージがどちらも低く、簡単にはロスカットされにくいです。つまりハイリスクトレードもできると言うことになります。

Loss CutMargin Call
Micro Account10%40%
Others20%50%

口座タイプに関しては下記記事を参考にしてください。

ロスカットとは?

取引で一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済することをいいます。 これはトレーダーの意志とは関係なく、ある一定の水準に達したら強制的に決済されるため、どうにもならなくなります。しかし無理してポジションを持ち続けて、破綻するよりはましともいえるため、安全処置ともいえるのです。損失が拡大しないように、あらかじめ定めた水準で決済してきます。

マージンコールとは?

マージンコールとは損失が発生して、証拠金維持率が一定レベルを下回る場合、FX会社が証拠金の追加またはポジションの決済を求めることです。マージンコールを無視してもペナルティを受けたりはしませんがマージンコールが発生している状態はロスカットされる可能性が高い状態を意味するため、これはトレーダーに対する警告と言う意味合いもあります。トレーダーは追加資金を投入するか、損切りするかを迫られている状態と言うことです。

ゼロカットとは?

HFMではゼロカットを採用しております。ゼロカットとは、何らかのタイミングで口座残高がマイナスとなった場合、FXブローカーが補填をしてゼロにしてくれるというものになります。この制度はHFMでは採用されており、トレーダーが借金を追うことはないということを意味しているわけです。

順序

順序としては最初に起こるのがマージンコールです。マージンコールは警告を意味しており、ロスカットが近づいているということになります。この時点ではトレーダーは強制決済はされませんが、ロスカットをするか、耐えるかを考える必要があります。次に発動されるのがロスカットです。ロスカットは強制決済となり、トレーダーの意思問わず勝手に決済されます。そして最後に採用されるのがゼロカットです。万が一口座残高がマイナスとなった場合はゼロカットが発動するという形です。

ロスカットラインを他社と比較

ロスカットラインはHF marketsは比較的低いことが分かります。

Loss Cut (%)
HF Markets10%〜20%
FBS20%
AXIORY20%
XM20%
Land-FX30%
TradeView100%

ハイリスクトレード

ロスカットが低いと言うことはハイリスクトレードが可能になります。ただしロスカットが低いと反転して利益を狙う機会も増えますが、ロスカットされた時に残金が少なくなります。ロスカット水準が高いと、反転するチャンスは少なくなりますが、ロスカットされた時に残る証拠金が多くなります。つまり正解はないと言うことで、メリットもデメリットもあるのです。

ハイリスクトレードは上級者向き

ハイリスクトレードは下手をすれば元金がほとんど欠損と言う結果もあり得ます。裁量がトレーダーに寄って行くため、自由度は高くなるのですが、ハイリスクトレードをするにはそれなりの経験値が必要です。ハイリスクトレードは上級者向きのトレードと言えるため、初心者トレーダーにはあまり向いていません。お金があっという間になくなるからです。

ロスカットが高い場合

ロスカットラインが高いと、ロスカットされやすくなるのですが、その一方で、残高が一気に減ることはなくなります。服損を抱えている時間も長くなくなるため、精神的にも安心です。ロスカットが高いのは制限も多くなりますが、まだトレードが安定しない初心者トレーダーにはとても向いていると言えるでしょう。ロスカットされた時に、最低限の資金を守れると言うメリットがあります。

ロスカットされないための対対策

そもそもですが、ロスカットされないための対策は事前に売っておくことが重要です。下記のような対策を講じてください。

ストップロス設定

まずロスカットを語るまえに、毎回注文時には必ずストップロスを置く癖を身に付けましょう。勿論テイクプロフィットも同様です。ストップロスは逆指値設定で置くことができます。損失が大きくなったときに、自動でポジションを決済して損切りしてくれます。

取引ロット数の見直し

ロスカットのリスクを下げる努力をするべきです、そのためにはまず取引ロット数の見直しをしましょう。一度の損切の価格は元金全体の1%~2%程度が適切と言われています。その程度で済むようにロット数を調整してみてください。

レバレッジを低く設定

ロスカットのリスクを下げたいなら、レバレッジを低くしてください。レバレッジが低ければ低いほど、必要証拠金が高くなり、少ない資金でたくさんのロット数を取引することが難しくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました