HFM(旧HotForex):年末年始、クリスマス、ゴールデンウィーク、お盆の営業

HFM

HF Marketsでは、毎年クリスマスや年末年始、さらにはゴールデンウィークなどになると、営業日や営業時間がイレギュラーになります。毎年スケジュールは変わっていくため、時期が来たら必ず公式ページを見るようにしてください。

年末年始

年末年始はHF Marketsの営業日や営業時間がかなりイレギュラーになる傾向があります。特に12月30日当たりから1月3日あたりまでは、取引時間もイレギュラーになるため、トレードしようと思ってもできないことが良くあります。公式ページを確認してみてください。

クリスマス

クリスマスの場合はそもそも休業することもあったり、取引時間が変更になることもあります。この期間は特に欧米圏では大型のお休みになるため、スケジュールが大幅に変更される可能性があるため注意です。

ゴールデンウィーク、お盆

ゴールデンウィークは日本特有の大型連休を指しており、4月の終わりから5月の初旬にかけて大型の連休になり、日本人はほとんどが休みます。この期間は相場は普通に動いていますが、日本人向けのカスタマーサポートがかなりイレギュラーな休業を入れてくることが多いです。そしてこれはお盆も同様です。お盆は日本特有のお休みで8月中旬を中心にほとんどの企業が数日のお休みになります。

大型連休中のトレード

クリスマスでもゴールデンウィークでも特に問題なくトレードはできます。しかし普段とは値動きが全く違うため、慣れていないと大負けしてしまうことが多いため注意が必要です。

取引量が減る

大型連休中と言うのはとにかく取引量が減ることが特徴です。そのため、トレンドが形成されやすい傾向にあり、大きく相場が動きやす野です。大きな流れに抗っていると、大負けしてしまうことも多いため注意が必要です。

ゴールデンウィーク、お盆

ゴールデンウィーク、お盆などは日本人トレーダーがお休みの期間になることが多く、円相場がトレンドの起こりやすい相場になります。この期間は上記と同様のケースで取引量が一気に減るため、トレンドが生まれやすくなりますので、大きな動きが起こった時は、トレンドフォローをした方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました