HFM(旧HotForex):日本の金融庁との関係 無登録 違法なのか?

HFM

HF Marketsは世界でもかなり人気のFX会社になります。日本にもユーザーがおり、コアなトレーダーが口座開設をしてトレードをしていますが、その一方で、HF Marketsは日本の金融庁に登録をしていません。それはいったいなぜなのでしょうか?

HF Marketsのライセンス

HF Marketsは2010年に設立され、世界各地に支社を持っており、多数の金融ライセンスを取得している事実があります。サービスや無料ツールは全世界に展開、スプレッド、機能も優れており、セーシェル、キプロス、ドバイ、ケニア、南アフリカなどで活動し、各国金融庁の規制を受けています。資産管理は分別管理されております。運営会社のサポートもかなり透明性が高く、充実しております。下記記事を参考にしてください。

ボーナスとキャンペーン

HFMではプレミアム口座の場合はキャンペーンとプロモーション、ボーナスが充実。最大レバレッジは2000倍となり、xmtrading、axiory、exnessなど海外のFX業界、会社のよりはかなり評価が高いです。金融サービスもグループ会社があり、世界中に展開しており世界中に投資家がいます。公式サイトのコンテンツも非常にレベルが充実しております。クッション機能があるので証拠金ギリギリまでトレードが可能です。

取扱商品とプラットフォーム

金融商品は通貨ペアを筆頭に、株式、貴金属、CFD、エネルギー、コモディティ、仮想通貨、株価指数などかなり多いです。市場では重要なロスカット、ゼロカットルールが導入されております。個人自身で口座タイプを選択することにより銘柄は変わります。プラットフォームはMT4やMT5が利用可能で独自ウェブトレーダーもあります。約定拒否などもおこりません。日を跨ぐとスワップポイントが発生します。

トレード手法も充実

HFMではトレード手法も自由度が高いです。スキャルピング、自動売買ツール(EA)、そして両建てもOKです。デメリットが少なく大きな制約がありません。残高ギリギリまでハイレバレッジトレードが可能です。別途自動売買のためのVPSサービスなども一部展開しています。また取引履歴はオンラインでダウンロード可能で、確定申告に使えます。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、投資を事業として扱う業者に対して発行される許可証になり、各国でそれぞれ取得する必要があるものです。なぜならその国によって法律の内容が違いますし、基準も違うのです。FX会社はその国の金融機関が定める基準をクリアし、金融ライセンスを取得すれば、信頼性や安全性を示すことができます。

金融庁の認可とライセンスの違い

ちなみに日本の金融庁が認可することと、ライセンスを取得することには若干違いがあります。認可とは金融庁から運営する許可を得ることを指しています。その一方でライセンスとは、発行する国の基準に基づき、運営する許可を得ることを指します。差は国が定めた基準をクリアしているかどうかです。

HF Marketsはなぜ無登録?

HF Marketsは日本人ユーザーも多数いるため、日本の金融庁から許可をもらったほうが賢明に見えますが、それをしないのはなぜなのでしょうか?下記の理由を見ればわかる通り、FX会社は安全性に問題があるから金融庁の認可を受けられていないわけではなく、あえて登録していないのです。

レバレッジ規制

HF Marketsの魅力の一つとしては何と言ってもレバレッジでしょう。もし日本の金融庁の許可をもらうためには、レバレッジを25倍まで下げなければならないのです。これはトレーダーにとってはとてもガッカリする話ですから、登録してくれるユーザーも減ってしまい、会社の売り上げも減ってしまうのです。そのため得策ではないのです。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムは、大きく相場が動いて大損した場合、元金以上のマイナスになることがありますが、このマイナス分をFX会社が補填してくれると言うものです。つまりトレーダーは借金を負うリスクがありません。HF Marketsではこのシステムを採用しているのですが、日本の金融庁から許可をもらうとなると、このシステムが使えなくなります。この点もトレーダーにとっては不利な条件です。

HF Marketsは過去に警告を受けている

上記のような背景があることからHF marketsは敢えて日本の金融庁の許可を得ていません。これに対して日本の金融庁は過去にHF Marketsに対して警告を出しています。しかしFX会社のほとんどは、日本ではなく本拠地を構えている国の金融ライセンスを取得し、その国の法律にのっとって運営しています。それはトレーダーのメリットを増やしたいという意図があるのです。つまり、日本の金融庁への登録はしていないからといって、必ずしも危険というわけではないのです。

無登録は違法会社?

FX会社がその国で登録をしないから違法企業なのか?と言うと、明確な定めはありません。ただし日本の法律では金融系の商売を行う場合に日本の金融庁の認可を取る必要があります。金融庁の認可を受けていない会社は日本で営業を行うことができません。つまりFX会社が積極的に営業をして、新規顧客を開拓したりした場合は、問題になります。しかしHF Marketsではこのような営業はしておりません。

最高500万ユーロ補償制度

HF Marketsでは金融ライセンスを保有している他に最高500万ユーロのトレーダー補償制度がを設けています。これはHF Marketsが破綻した時や、サーバーダウンした時に起こった損失を補償すると言うものです。もしHF Marketsが悪意のある会社であればこのような制度はないでしょう。このような制度があるからこそ、トレーダーは安心して取引ができます。

金融庁から警告を受けているFXブローカー

実はFXブローカーの中には日本の金融庁から警告を受けているところがあります。いくつか警告を受けている会社を紹介します。日本の金融庁のホームページで公開されている情報では多数のFXブローカーが警告を受けているのです。

Source : 金融庁

会社名所在地違反内容
Tradexfin LimitedF20, 1st Floor, Eden Plaza,
Eden Island, Seychelles
インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの。
FxPro Financial Services
Ltd(FxPro)
Karyatidon 1, Ypsonas 4180,
Cyprus
インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの。
IronFX Limited
(ironforex)
30, Gr. Xenopoulou Street,
3106 Limassol,
Cypru
インターネットを通じた、
店頭デリバティブ取引
Pepperstone Financial Pty
Ltd
(Pepperstone)
Level 3, 27-32 King Street
Melbourne
VIC 3000
Australia
インターネットを通じた、
店頭デリバティブ取引
FXDD Malta Limited
(FXDD)
K2, First Floor,Forni
Complex,
Valletta Waterfront
Floriana,FRN 1913,
Malta
インターネットを通じた、
店頭デリバティブ取引

警告を受けているFXブローカーの利用は犯罪?

警告を受けているFXブローカーの利用は犯罪というわけではありません。もし罰則を受けるということになったら、ペナルティを受けるのはあなたではなくFXブローカーとなります。つまり利用者側が犯罪で逮捕されるわけではありません。

自己責任

以上のように日本に住んでいる日本人の場合、警告を受けているFXブローカーやライセンスを取得していないブローカーを利用する場合は自己責任で使うということになります。しかしブローカーが金融庁の認可を受けない理由は不正な営業をするためではなく、ハイレバレッジを提供したいためだということは理解しておいた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました