FXGT:出金できない? 本当に拒否される原因、ケースと対処法解説

FXGT

FXGTの取引で安全に出金ができないケースがあるのか、原因と対処法方法を記事で解説します。実際にトレードをして利益を出したら、その資金を出金したいでしょう。しかし、何らかの原因で出金ができない場合があります。そして、これらのブローカーの場合、気になるのは出金拒否問題です。出金拒否はあり得るのでしょうか。

出金拒否は実際に起こっているのか?

FX業界では、どのブローカーでも共通して出金拒否されやすい事例があります。GTグループでは出金拒否を会社が率先して行うことはありません。今のところ出金拒否が起こったと言う事例は、起こっていません。ただし、例外もあります。それは会社の規約に違反した時がそれにあたります。どのような禁止事項があるのかは以下の記事を参考にしてください。どれかに当てはまった場合は、口座凍結になっている可能性があり得るからです。その場合は、サポートセンターに連絡をして凍結解除をしなければなりません。

情報が入り乱れている

X(twitter)のSNSなどを見ていると情報が入り乱れている印象です。複数のアカウントを作成してしまって違反になって出金拒否されたとかの理由で騒いでいるユーザーもいる模様。他にもボーナスの不正利用で凍結されているユーザーもいるようです。上記のような注意点に気を付ければ恐らくそれ程起こらないのではないかと思われます。どちらかといえば良い評価のが多くリスクもないと思います。

資産は守られている

資産はewalletと言う仕組みで常に保護されていますのでハッキングなどもありません。相場での損失のリスクはありますが資金は守られます。ewalletは同業の他社(titanfx、gemforex、threetrader)と比べても安全と言われています。調査するとセーシェルの本社は信託保全がありませんが分別管理はされているようです。ユーロでの賠償責任保険の制度もあり第三者機関からの監査もあるようです。

出金できないときの解決方法

出金できないときの解決方法としては、以下のような事例が実際にありますので、紹介します。参考にしてください。どれを見ても解決ができない場合は、サポートに連絡することをお勧めします。下記記事を参考にしてください。業者では高いレバレッジやゼロカット、スキャルピング、両建てなどを認めていておすすめですが、sticpay、bitwalletやクレジットカード、銀行送金ができないケースがあります。ボーナスの悪用などで規約違反で着金やサービスの提供に支障がきたすこともあります。

出金ルール

出金においては以下のようなルールが適用されています。そのためルールを守らないと出金処理が拒否されてしまうので注意です。運営の公式サイトや利用規約もマイページからチェックしておいてください。

同一名義のアカウントにしか出金できない

出金する場合、FXGTに登録している名義と出金先の銀行口座やオンラインウォレットの登録名義が同一でない場合、出金することができません。同一人物であるという確認が取れない場合、出金処理は必ず拒否されますので注意してください。ipアドレスが違う場合、複数アカウントの運用が発生するとNGです。

アカウント有効化

アカウントを開設した場合、最低でもそのあとに有効化すると言う処理をしなければなりません。これは身分証や住所確認書類を送付することを意味します。その後スタッフによる目視確認が終わるまでは出金はできません。提出して採用されるまでは待ちです。金融資産をシステムに入金できません。これは他社(xm、axiory、bigbossなど)など異なるサービスでも同様です。

入金額までは同じ方法で出金

入金するときは意識をしないことが多いですが、出金の場合は入金方法と同じである必要があります。これはマネーロンダリング防止のためです。利益分に関しては好きな方法で出金が可能です。SNSなどでは信頼性を疑う書き込みや噂もありますが、ルールを理解していない方も多いです。プロでもFXGTの基礎知識がないと始めることができません。

クレジットカード・デビットカード認証

クレジットカード・デビットカードに出金をしたい場合、クレジットカード・デビットカードの事前認証が必要です。認証が終わっていないと、出金ができません。使うさいは高額でも48時間くらいで反映されますが反応がなければ顧客は管理画面から運営に聞いてみてください。悪質な拒否はないはずで、金融庁のライセンスを取得していますから安心です。

口座凍結

何らかのルール違反を行ったユーザーは口座凍結されることがあります。この場合は、そもそも出金どころか、ログインすらできません。この場合はページからサポートセンターへ連絡して口座凍結を解除する必要があります。該当する不正な行為を行い、多くをやってしまうと状況により二度と利用不可になります。

土日祝日の出金

銀行口座へ出金する場合、銀行は土日祝日が休みになるため、処理が止まります。そのため出金処理は翌営業日まで待機する必要があります。仮想通貨の場合、アドレスの間違い、不作為を起こしてしまった場合はもちろん過失で送金に失敗した場合は自己責任ですので経済的な責任は自分が負います。しっかり間違えないようにしましょう。

ボーナスの出金

ボーナスは出金することができません。ボーナスはあくまでトレードをするときの証拠金としての機能しか持っていません。ちなみに出金するとボーナスが消滅する点についても注意してください。これによりロスカットが発生して破綻することもあります。ポジション保有中は辞めてください。投資に保険はありません。

送金先アドレスの間違い

仮想通貨送金の場合、送金先のアドレスを間違えてしまって入力した場合は出金ができません。下手をすると送金した金額が失われてしまうため、手打ちは絶対にせず、コピーアンドペーストを徹底してください。そしてサポートセンターへ問い合わせてみてください。万が一の場合は残高が大きくマイナスになる可能性もあります。

出金申請のキャンセル

出金申請の手続きが完了していない状態であれば、出金のキャンセルが可能です。しかし運営側がすでに出金手続きを終えてしまった場合はもう無理です。基本的にスピードは速いので、利用者は十分把握していない状態で公式から操作するのはやめましょう。安全にやりたければ疑問点をスタッフに質問して解消してからやりましょう。

ポジション保有中に出金

ポジション保有中に出金は一応可能です。但し条件があり、資金移動後の証拠金維持率が具体的に200%を下回らない金額まで資金移動ができます。高くロットを入れていると規制が入ります。資金が減ると通常、約定が実施されて(ロスカット)損害が出る可能性もあります。リアルで補填などは認められておりません。

出金先口座の登録間違い

銀行口座へ出金する場合、出金先口座を間違えて登録してしまうと出金処理は止まります。サポートセンターから直接、連絡も来ると思いますので、資金管理のページから修正を行ってください。比較的、法人でも個人でも間違えます。投資家は金融サービスに関して本当に疑問や不安があれば最初に質問をしましょう。会員はスタッフから順番に回答をもらえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました