FXGT:スワップフリーとは? 対象銘柄

FXGT

海外FX業者であるFXGTのスワップフリーの対象銘柄、取引口座タイプについて記事で解説します。スワップポイントと言うのはご存じでしょうか。FXGTではスワップポイントフリー制度が2022年に採用されました。スワップフリーになったことで、取引にかかるコストがゼロに変更されました。これにより今まで買いと売りのスワップポイントがマイナスだった銘柄を保有しやすくなったのです。

スワップフリーとは?

そもそもスワップフリーとはご存じでしょうか。スワップポイントとは、日にちをまたいでポジションを持ち越した際に支払い、または受け取りとなる料金のことです。スワップフリー導入前は、ほかのブローカーよりもスワップポイントが高く設定されていたため、不満を感じるユーザーも少なくありませんでした。しかし2022年にスワップフリー制度が導入されました。これは公式ホームページでも明記されています。スワップフリーにより、ポジションを翌日に持ち越した際のコストが発生しませんので、ポジションの長期的保有がしやすくなります。

対象銘柄

FXGTにおいてスワップフリー導入されたのは仮想通貨とゴールド、株価指数の3つです。FX通貨ペアをはじめとする多くの銘柄のスワップポイントはこれまでと変わりません。そのため、外国為替メインで取引をしている方にはあまりメリットがありません。

仮想通貨

仮想通貨は調査すると取引量の多い銘柄、人気銘柄がスワップフリーの対象となりました。傾向としてビットコインなどの大きな主要の通貨をメインに、ポルカドット、カルダノ、ビットコインキャッシュ、ドージコイン、イーサリアム、テザー、ライトコインなどのコインが該当しますが取扱の割合は全部あるなかで少ないです。投資家はクレジットを活かしてこれらの金融商品に投資できます。

BTC
BCH
XRP
ETH
LTC
ADA
XLM
DOT
SHB
DOG

株価指数

株価指数銘柄は、約定から3日限定でスワップフリーになります。業界でも厳選された金融商品の銘柄で取引コストの上限も低いのでおすすめです。基礎のボラティリティはそれほど高くないので、経験や知識のない方でもおすすめ。ウェブサイトからプラットフォームをダウンロードしてやってみましょう。

US30
US100
US500
JP225
UK100
GER40
FRA40
AUD200
VIX

スワップフリーのメリット

スワップフリーとなったことにより、取引がどのように変わるのでしょうか?以下のようなことが挙げられます。

長期保有

いままでは日をまたいでポジションを持ち越すことにより、スワップポイントが発生し、マイナスになることがありました。スワップフリーであればポジションを持ち越した際のコストが無くなりますので、好きなタイミングで売買することができます。そして日をまたいでロングポジションとして保有しやすくなりました。

週末決済が不要

株価指数銘柄は、ポジションを保有してから3日間はスワップポイントが発生しません。スワップポイントは相場が休場している間にも発生しましたが、今回フリーとなったことで、スワップポイント発生させず月曜日まで持ち越すことができます。

対象口座タイプ

スワップフリー対象の提供されている口座タイプは以下の通りです。ミニ、crypto max、スタンダード、PRO、ECNの中において対象と対象外の口座があります。どれも最大レバレッジは1000倍です。詳細の情報を以下で説明します。

Pro
ECN

スワップフリーの条件

プロ口座とECN口座の環境だけがスワップフリーとなります。しかしそれには条件があります。最新情報ではトレーディングの対象はマイナーやエキゾチック通貨などのスペックが高金利通貨が多いです。

仮想通貨PRO口座・ECN口座のMT5口座
株価指数PRO口座:エントリーから最初の6日間
ECN口座:エントリーから最初の3日間
ゴールドPRO口座:エントリーから最初の6日間
ECN口座:エントリーから最初の3日間
FX通貨ペアPRO口座:エントリーから最初の6日間
その他PRO口座:エントリーから最初の6日間

エントリーをしてから、数日のみがスワップフリーの条件となります。それ以降は普通にスワップポイントが発生しますので注意です。

スワップフリーの対象外銘柄

スワップフリーの対象外銘柄もあります。基本的に米ドル、日本円、ユーロなどのメジャー通貨は調整されて対象外。

NFT/DeFi

この一方で、外国為替等ではスワップフリーにはなりませんでした。また仮想通貨も一部銘柄にスワップフリーが導入されているわけではありません。以下の仮想通貨銘柄についてはスワップフリーの対象外です。またこれ以外にシンセティックペアも対象外になっているので気をつけてください。シンセティックペアとは、仮想通貨と株価指数やゴールドのように違う市場の商品を組み合わせた銘柄のことを言います。

NFTCHILIZ、ENJIN COIN、DIGIBYTE、Theta、Mana
DeFiChainlink、Wrapped Bitcoin、Ox ZRX、Republic、Uniswap、Synthetix、Crypto.com coin、Aave、Compound、Polygon

エネルギー

ゴールドとシルバー以外の貴金属・エネルギーはスワップポイントが発生してしまいますので注意しましょう。

SellBuy
USOil-0.72-1.32
UKOil-1.980.15
NGAs5.75-6.35

4日以上保有したゴールド・シルバー

ゴールド・シルバーはポジションを保有して4日目以降はスワップポイントが発生してしまいます。3日以内であればスワップフリーのためスイングトレードでも、早々に決済すれば問題ありません。株式もスワップポイントが発生しますので注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました