FXGT:海外FX口座での禁止事項と罰則 スキャルピングはNG? メリット、デメリット徹底解説

FXGT

FXGTでの口座でのスキャルピング取引など利用規約や禁止事項について口座凍結があるのかメリット、デメリットを記事で解説します。FX会社ではどこの会社でもルールと言うものを定めています。ルールを違反してしまうと、利益の没収になってしまったり、さらには口座凍結をされてしまうこともありますので、絶対にしないようにしてください。

利用規約はすべての口座タイプで共通

ミニ、crypto max、スタンダード、PRO、ECN色々な口座がありますがすべて利用規約は同じ。よくある質問や利用規約も実際に確認しておいてください。豪華なボーナスも受けられます。これらの条件は他社(xm、threetrader、axiory、bigbossなど)と大差ありません。

禁止事項はどのようなものが実際にあるのか?

GTグループでは罰則を定めています。当然ですが、ルールを守ったうえでトレードをしないと、使用しづけることができなくなります。具体的にはどのような罰則があるのでしょうか?罰則の内容を以下にまとめています。他社より規制は少ないですが、残高が減ると損失のリスクは高くなります。最大レバレッジやゼロカットが発生しますので資金をうまく活用しましょう。

スキャルピングトレード

FX会社の中ではスキャルピングトレードを禁止しているところもありますが、GTグループでは禁止していません。会社はスキャルピング取引を行うことを公式に許可しているため、トレーダーはとても安心できるでしょう。GTグループでは手動によるスキャルピング取引はもちろん、自動売買におけるスキャルピングトレードも許可しています。

同一人物における複数アカウント開設

GTグループでは同じ人物が複数のアカウントを開設することを禁止しています。これは複数のアカウントを開設し、ボーナスをそれぞれのアカウントでもらうということができてしまうからです。運営が複数口座を把握した場合、出金拒否や口座凍結と言ったかなり厳しい処分を科すことを運営側が宣言しています。

同一IPアドレスから複数アカウントへログイン

運営側では同じ人物が、複数のアカウントを開設することを禁止していますが、同時にIP追跡も行っているのです。同じIPからのアクセスだと、同一人物による複数アカウント運用と見なされる可能性があります。これが原因で出金拒否や口座凍結と言ったかなり厳しい処分を下されてしまう可能性があるため注意です。

クレジットカード、デビットカード認証

入金手段として、クレジットカードやデビットカードを選択したユーザーに限られますが、これらのカードを使用する場合は、まずカード認証をしなければならない仕組みになっています。クレジットカードの認証をしないと最悪の場合口座凍結になることがあります。

複数口座間の両建て

複数口座間で通貨ペアを両建てすることは禁止しています。両建てとは売りと買いのポジションを同じ通貨ペアで同時に保持することを意味します。両建てはOKですが、この場合の両建ては禁止事項になっています。

複数FX会社での両建て

両建てがNGであるもう一つのパターンがこれです。別のFX会社の口座で同じ通貨ペアで逆のポジションを持って両建てすることは禁止されています。FX会社が別なので発覚はなかなかしませんが、見つかった場合は口座凍結もあり得ます。

サーバーに負荷を与えるトレード

短時間で異常に多い売買を繰り返し続ける場合はサーバーにかなり強い負荷を与えることになります。このようにシステムの不具合を悪用した取引も禁止されています。相場が急変した時には、アクセス集中により接続遅延やレートエラーが起こることがありますがこのタイミングだけをわざと狙ったトレードも禁止です。

裁定取引

アービトラージ取引は一切認められていません。アービトラージとは2つの業者間の価格差を利用し利益を出す取引のことを指しています。アービトラージは理論的には勝率100%ですが、ほとんどのFX会社では厳しく取り締まっています。

自動売買

自動売買は許可されています。MT5にEAを組み込むことで自動で取引を行うことができ、使い方によっては利益を出せます。ただし、自動売買は90%以上の人が全額破綻しているためお勧めできるトレードではありません。

窓開け・窓埋めを狙うトレード

窓空け・窓埋めを狙う取引は禁止していません。「窓」とは、ローソク足の高安値の間にできた隙間をいい、週明けに起こる現象です。窓が開くとその窓を埋めようとする動きがあるので、勝ちやすい相場になります。しかし運営ではこうした窓開け・窓埋めを狙うトレードそのものについては禁止していません。

禁止事項のペナルティはどのようなものがあるのか

公式サイトで発表されている悪質な禁止事項のペナルティの情報としては以下のようなものがあります。規約の違反は大きなリスクがありますので注意しましょう。ツールから価格の注文でエラーなど問題が起こると以下のケースがあり得ます。スタンダードな取引を心がけましょう。変な行為は首を絞めます。目的や理由によっては凍結の状態を解除してくれないこともあります。

出金拒否

ユーザーがルール違反を行なった場合は、自動的にペナルティとして出金拒否される可能性があります。これによってユーザーは取引口座によってトレードをする意味がなくなる可能性もあります。ユーザーは通常、クレジットがあれば値動きの中で注文ができますが出金ができません。

口座凍結

取引している口座が凍結になる処分が考えられます。この場合はユーザーは不正なことをしているので該当口座にて資産を使ってトレードをすることが一切できなくなります。金融庁のライセンスも取得していますから厳正に管理されています。ログインができず、警告が出ると要注意です。

アカウント凍結

アカウント凍結の可能性があります。アカウント凍結の場合は、取引口座の開設もできませんので何もできなくなります。利用規約の事項に大きく違反するとスタッフの判断でこれをやられます。約定ができない、ボーナスを受け取ることができないケースはこれがまさに相当します。規制されて何度試してもログインできず、履歴も見れません。

ペナルティを受けた場合の対処法

ペナルティの対象となり処罰を受けた場合、サポートセンターへ連絡して解除してもらうように交渉するしかありません。勿論、必ず交渉が成功するという保証は一切ありません。最悪の場合は他のブローカーを使うことになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました