FXGT:MT4/MT5の注文方法とトレード方法 PCとスマホ 取引ツール使い方、手順解説

FXGT

FXGTはMT4、MT5のログインやiphoneやPCでの取引の使い方を記事で解説します。つまりMT5の使い方を知らないと、トレードすることがまずできません。そこで、どのようにして注文ができるのかを記事にしています。

まずは口座開設と入金をしよう

まずは口座開設と入金まで終わらせてください。以下のボタンをクリックして認証まで終わらせましょう。demoかrealかによりますがリアル口座の場合は入金が必要。sticpay、デビットカード、クレジットカード、銀行から入金ができます。利用規約を確認してから開設をしてください。為替の相場は常に変動しますので注意です。

MT4とは?一体どのようなツールなのか?

MT4とは、メタクオーツ社が開発した取引ツールです。Meta Trader 4と呼ばれており、開発はすでに終了しているため、新規不具合が出ても改修がされません。MT4はインディケータの種類が豊富で、チャート分析をかなり緻密に行うことができます。

MT4の特徴はどのようなものがあるのか

MT4には様々な特徴があり、現在世界でも最も使用されているツールで人気のランキングでもトップです。自動売買(EA)ツールにおすすめと言われていますので注意もあわせて紹介します。

世界で最も使用されているツール

MT4は現在の世界で最も多くのブローカーに使用されています。MT5よりも使用されているため、もっともメジャーなツールです。そのため、このツールを使えればほとんどのブローカーでトレードが簡単にできるようになります。

自動売買

MT5はMT4と同じで、自動売買を起動することが出来ます。ツールをバックテストで調整して、自動売買を運用しながら裁量トレードできるので、取引する幅が広がります。

開発終了

MT4は現在開発会社であるメタクオーツ社による開発が終了しました。これにより不具合がある場合は新規で対応されることがありません。メタクオーツ社もMT5への移行を推奨しています。

互換性

MT4とMT5はそれぞれ別のプログラミング言語で作成されています。MT4はMQL4、MT5はMQL5による開発となっているため、両者に互換性がありませんので、移行ができないリスクがあります。

MT5とは

MT5とは、メタクオーツ社が開発した取引ツールです。Meta Trader 5と呼ばれており、この前のバージョンであるMT4もよく使われています。MT5はインディケータの種類が豊富で、チャート分析をかなり緻密に行うことができます。

MT5の特徴

MT5には様々な特徴があり、現在世界でも最も使用されているツールです。ダウンロードも運営の公式サイトから簡単で、設定も楽なのでMT4よりおすすめ。スペックが高いのでスマホでクリックして基本、すぐに動きます。デモでもリアルでもおすすめです。

インディケーターが豊富

MT5のインディケータの種類が豊富で、ユーザーは直接、詳しくチャート分析することができます。前のバージョンであるMT4よりもインディケーターは充実しています。その一方で動作が重くなったり、MT4のEAが使えなくなっています。機能は基本的に選びほうだいで非常に異なる手法が充実しております。

自動売買

MT5はMT4と同じで、自動売買を起動することが出来ます。ツールをバックテストで検証、調整して、自動売買を運用しながら裁量トレードできるので、取引する幅が広がります。最新版の環境でインストールしてチェックしてみると用意や管理が楽です。自己でフリーな取引ができます。

MT4とMT5の違い

前のバージョンであるMT4とMT5にはかなり性能の面で違いがあります。上記でも記載したようにMT5のほうが性能が明らかに上で、しかも現在開発中であるため、さらなる改善が見込めます。操作をこれから始める場合はMT5のほうがおすすめです。初めての方でもプラットフォームからスキャルピングなどの取引もサクサク動きます。

MT4MT5
動作スピード遅い早い
メモリ消費量少ない多い
時間足少ない多い
アップデートなしあり
開発言語MQL4MQL5
インジケータ少ない多い

動作スピードと負荷

動作スピードはMT5のほうが早く、メモリ消費量はMT5のほうが多いです。MT5がリリースされたのは2011年です。現在かなりハイスペックの端末が出てきていますから、メモリ消費量はそれほど気にしなくていいレベルになっています。

アップデート

最大の問題はアップデートになります。MT4は開発終了しており、アップデートがありません。つまり不具合が見つかっても改修されることはありません。一方で、MT5は開発がまだ進んでおり、これからさらなる改善が見込めます。24時間、アップグレードされており改善される可能性がありますが、MT4は不具合が原因で最後は開くと完全に止まることもあります。

時間足

スタンダードな時間足はMT5のほうが圧倒的に優秀です。MT4では時間足は9種類ですが、MT5では21種類になっており、2時間足、8時間足、12時間足などが追加され、さらに分析しやすいようになりました。さらにインディケーターはMT4が30種類、MT5では38種類です。プロが取引所で投資の分析をする際はMT5が有利です。カテゴリーごとにペアを細かく分析できます。サポートのラインもひけて、利益が出しやすいです。

注文方法はどのようにやるのか?

ここからは実際にMT5を使ってのトレード方法を説明しましょう。ペアはwindows版、mac版、いずれでもサポートされており取引が可能です。詳細の開始の方法は以下で説明します。インジケーターなどアクションを活用しながら高い証拠金で利益を発生させましょう。ゼロカットも対象ですので安心です。流れとしては口座番号、パスワード、サーバーを用意してください。ログインをしてからトレードです。

PC版

まずはMT5を起動してみてください。MT5の上部のメニューの「ツール」から「新規注文」の内容を選択します。「注文の発注」ウィンドウが開きます。使う際は最初戸惑うかもしれませんがすぐに慣れます、

注文画面は以下のようになります。やり方はこのwebページから続いて今選択している通貨ペアにおいて資産を使って注文をします。成行、指値、逆指値などがライブでできます。

銘柄:プルダウンで他の通貨ペアを選択することが出来ます。

数量:ロットを入力します。

発注:「成行売り(Sell)」もしくは「成行買い(Buy」ボタンを押します。

注文種別:タイプの部分がそれにあたります。通常は「カウントダウン注文」になっています。指値注文(Pending Order)を選択すると、下に「タイプ」がフィールドとして起こります。

タイプ:ここでは注文方式を指定します。以下の指定ができます。

Buy Limit(買い指値)

Sell Limit(売り指値)

Buy Stop(買い逆指値)

Sell Stop(売り逆指値)

Buy Stop Limit(買いストップリミット注文)

Sell Stop Limit(売りストップリミット注文)

ストップロス:損切り価格を指定します。

テイクプロフィット:利確価格を指定します。

ポジションの確認はツールの下にある「取引」タブを選択すると、注文したポジションの確認ができます。決済時は注文部分の上で右クリックで手動決済が可能です。

スマートフォン版

スマートフォン版の場合はまずアプリを起動しましょう。気配値表示画面の取引したい銘柄をタップし、新規注文をタップすると注文画面に遷移します。

注文画面になります。Sell(売り)、またはBuy(買い)のいずれかをタップすると、注文を発注します。暗号資産や通貨の注文する金額など間違って高額にしてしまわないようにしましょう。複数の注文も可能で有効になります。初期は少額からがオススメ。基礎の練習して応じてあげていくことが好ましいです。

ロット:一番上の数値でロット数を調整します。

ストップロス:損切り価格を指定します。

テイクプロフィット:利確価格を指定します。

成行売り:売り注文を行います。

成行買い:買い注文を行います。

決済方法はツールのトレードタブからポジション自体を左にスライドさせると、決済ができます。即時に手動で決済が可能です。BTC、ETH、USDT、XRP、ADAなどの保有の場合、仮想通貨は平日でなくとも、土日でもライブで決済できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました