FXGT:ECNとSTPの違い メリットとデメリット 口座タイプの特徴や種類を比較して解説

FXGT

FXGTの取引全口座タイプにECNとSTPがあり、特徴を比較して種類を記事で解説します。その他の口座はSTPタイプになります。しかしそもそもECNとは何か?と言う疑問を持っている方が多いでしょう。この記事ではSTP口座とECN口座の違いや特性について解説しています。

FXブローカーの注文方式の仕組み

FXブローカーは世界中に存在しますが、注文方式は以下の4つに集約されています。どの方式が採用されているかは、ブローカーごとに、そして口座タイプごとに確認が必要になります。FXGTではミニ、crypto max、スタンダード、PRO、ECNと言う口座タイプがありますがECNを除いてSTP方式となります。通貨ペア、仮想通貨、貴金属、エネルギー、株式、株価指数と金融商品が多く、最大レバレッジは1000倍という好条件で取引が可能です。

DD方式

DD方式とは、トレーダーとインターバンクの間にFX会社が介入する取引方法のことです。FX会社がインターバンクに注文を通すかを決めます。そのため、FX会社によって介入を受けてしまいますので、トレーダーからすれば制約があります。

NDD方式

NDD方式はトレーダーとインターバンクの間にFX会社が介入しない取引方法のことです。つまりDD方式の逆だと思っておくといいでしょう。顧客の注文が直接インターバンクで決済されるため、DD方式より格段に透明性が高くなります。

STP方式

STPはNDD方式の中の一つです。詳しいメリットは以下で説明します。仕組みはFXブローカーが介入しており、レートからスプレッドを上乗せしてトレーダーに提示しています。

ECN方式

STPはNDD方式の中の一つです。詳しいメリットは以下で説明します。トレーダーの注文がブローカーを一切経由せず、投資家・大手金融機関の注文が集まるインターバンクに通ります。

ECN口座とは?

ECNとは「Electronic Communications Network」の略になります。ECN口座は、ブローカーの一切の介入を受けずに直接取引する注文方法のことを言います。ECN方式では、投資家同士が直接売買できるため、高い約定力を誇っています。個人投資家は、投資家・大手金融機関の注文が集まるインターバンクに、直接アクセスすることは禁止されています。しかし、ECN方式では、インターバンクと直接取引するのと同条件でFXトレードが可能です。

透明性が高い

ECN取引は透明性が高い取引方法になります。これはインターバンクと直接取引するのと同条件でFXトレードができるため、第三者に介入されるリスクがありません。

スプレッドが狭い

トレーダー同士で買いたい価格と売りたい価格がマッチした時に約定されるので、そこにスプレッドは発生しにくい傾向があります。そのためスプレッドはSTPよりも狭くなりがちで、その代わり手数料が発生することになります。

板情報

ECNはとても透明性が高いため、板情報を見ることができます。注文数などの流れを監視することができるため相場の動きが良く見えるのです。

STP口座とは?

STPとは「Straight Through Processing」の略称になります。仕組みはFXブローカーが介入しており、レートからスプレッドを上乗せしてトレーダーに提示しています。つまりECNとは真逆のスタイルになるため、透明性に欠けると言う点があります。

レバレッジが高い

STPの方式の場合はトレーダーの高いレバレッジ取引もカバーすることができます。そのため、とんでもなく高いレバレッジで取引できるのです。これは何が理由かと言えばSTP取引を適応しているからです。

透明性が低い

ECNよりは透明性が低いです。これはSTPの場合は介入されてしまうため、トレーダーはどうなっているかが分かりません。、STPはカバー先が提示したレートで取引が実行されるのでどうしても透明性はECNよりは低くなってしまいます。

スプレッドが広い

STPの一番のデメリットはスプレッドが広い点です。STP方式はカバー先のレートをトレーダーに流すだけですが、その行為にもコストはかかります。スキャルピングトレードの場合はSTPは全く適していません。

STPとECNの比較

それでは上記の点を考慮したうえで双方を比較してみるとどうなるのでしょうか。以下のような形になります。

STPECN
スプレッド広い狭い
取引手数料なしあり
約定力普通高い
板情報見れない見れる
気配値見れない見れる
取引の透明性高い高い
約定拒否無い無い

スキャルピングトレード

一瞬の値幅を狙ってトレードを行うスキャルピングトレードの場合、STPはかなり不向きです。それはスプレッドが極めて広いからです。ECNでなければ、スキャルピングトレードで勝負することはできないと思ってください。

レバレッジ

ハイレバレッジで取引をしたい場合は、断然STP方式になります。理由は上記で説明した通りです。ECNの場合はレバレッジがSTPよりも低く設定されていることがほとんどです。

取引手数料

取引手数料はECN口座だと発生してしまいます。ECN口座では、スプレッドはトレーダーとインターバンクの注文の価格差です。そのため、ECN口座ではスプレッドにブローカーの取り分が加算されていません。

ボーナス

ECN口座ではボーナスを受け取れないことがほとんどです。口座開設ボーナス・入金ボーナスともに、STP口座では用意されているのに対し、ECN口座ではどちらも用意されていないことがあります。

約定拒否

約定拒否はSTPでもあまり起こらない傾向にありますが、ECN口座では、約定スピードが速い上に、約定拒否がないという仕組みになっています。この理由は、電子取引によって売り手と買い手の注文が、直接自動的に行われるからです。

板情報

STP形式では板情報は一切見れません。ECN口座では板情報を見れます。そのため、ECN口座の情報量は圧倒的です。価格と注文量を見ながら取引できることは収益に繋がります。ECN口座ではリアルタイムの取引の流れを感知できます。

無料で口座開設が可能

無料で口座開設が可能です。最小のスプレッドで取引が可能。スワップがありますがレバレッジが高いので最小の資金額から大きな利益を狙える業者です。ポジションも多く保有ができ、ゼロカットやロスカットも採用されるので損失があっても安心です。上級のプロから初心者向けの口座まで揃っております。

銘柄がとても豊富

投資の商品銘柄がとても豊富です。基本、NFT、Defi トークン、gti、シンセティックペアなどマーケットの取扱いで珍しい投資が可能。500倍から1000倍と言うレバレッジがあるので少ない証拠金から利益が追加できます。取引コストも安く、マージンコールは50%前後、ロスカットは20%で設定されています。複数の銘柄に投資が可能です。デモやリアルの口座もあり、運営会社は豪華で期間限定のキャンペーンやボーナスなどプロモーションも開催されております。

基本通貨が充実

基本通貨が非常に充実しています。USD、JPY、EURはもちろんですが仮想通貨にも対応。暗号通貨はBTC、XRP、USDT、ETH、ADAにも対応しております。プラットフォームもMT4やMT5に対応しております。公式サイトもチェックしておいてください。提供されている銘柄も多く少額から投資が可能です。金融に関してはサポートもありますので有利にトレード可能。最低の資金で高いロットで資産も増えていきます。

ゼロカットが採用されている

ゼロカットが採用されているため、残高がマイナスになっても会社が補填してくれます。seychellesでは金融庁のライセンスもありますので安心できるでしょう。タイプ別に口座が多数あり、初めての方でも1つの少ない資金から大きくすることが可能です。また自動売買(EA)ツールやスキャルピング、さらには両建てもOKなので自由度が高いです。自身で使い分けて目的に応じた安全な取引が可能。

他社より金融サービスが充実

他社(xm、bigboss、threetrader、exnessなど)より口座の金融サービスが充実しています。ゴールド、メタル、ビットコインやイーサリアムだけでなく、注目のシンセティックなどありますのでニーズに合わせたサービスが提供されています。pips幅はやや大きいですが、口座のスペックの仕様はよく、米ドル、ユーロなどのメジャーからマイナーな銘柄まで投資が可能。

ダイナミックレバレッジが採用

運営ではダイナミックレバレッジが採用されています。最大レバレッジは1000倍ですが口座、ペアやサイズ、通貨単位、資金により変動します。マイページから利用規約もチェックしておいてください。独自の異なる通貨を口座から注文できます。ライブからデモまで対象の口座は充実しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました