FXGT:法人口座の開設方法と手順、必要書類 メリット、デメリットを徹底解説

FXGT

FXGTは法人口座があるのでアカウント登録に関して、必要書類、手順、注意点方法を記事で解説します。といっても、ウェブサイトでは「法人口座開設」と言うフォームは一切ありません。そのため、個人の口座開設を同じ手順になります。途中から処理が変わっていきます。

法人口座とは?

法人口座とは個人名義の個人口座と異なり、名義人が法人になる口座のことです。法人口座で取引をすれば所得税ではなく「法人税」がかかってきます。さらに、会社を立ち上げていない場合は、そもそも起業をしなければなりません。法人口座を立ち上げることには以下のようなメリットとデメリットがあります。海外FXの登録において以下の利点があり、おすすめです。手数料も安く、銀行口座なども取り扱っています。

損益通算

法人口座を作成することでFX以外の事業との損益通算ができるため、会社を経営している方や、事業を起こしている方にとっては節税対策となります。損益通算とは一定期間の利益と損失を相殺することです。取引で損失が出ていた場合、損益通算を行うことで他の事業で得た利益からトレードでの損失分が引かれるため、利益が減った分かかる税金も少なくなります。

経費にできる

法人口座を作成すると経費の幅が広がり、節税対策に繋がります。法人口座であれば家賃や役員報酬なども経費にすることが可能で、経費の幅が広がります。そのため、経費で落とすことができるようになるため、かなり楽になります。

法人事業税

法人口座でトレードを行うと、利益にかかる法人税を支払う必要が出てきます。さらには法人住民税、事業を営むことに対する地域への税金である法人事業税など個人口座での取引に比べて法人化に伴う税金が発生するため、種類が増えます。

最大税率

これは税制制度によって変わってくるため、その国次第になりますが、法人口座を作成すると、最大税率が低くなります。個人口座で取引をしていた場合、トレードで得た利益は総合課税の対象となるため、給与所得など他の収入と合算して所得税がかかります。

コストがかかる

法人を設立するためにはまとまった金額を用意しなければいけません。会社の形態などによって異なりますが、設立時のコストがかならずかかります。また、会社の登記手続きはお金だけでなく、時間もかかります。会社として運営していくために会計処理の委託をしたり、さまざまな機関に申請を出したりするのに資金も必要です。

利益を自由に使いづらい

法人口座でFX取引をすると、資金の透明性を図ることが必要です。そのため、個人の取引とは異なり口座内のお金を自由に使えなくなります。個人では自由気ままに資金を使うことができますが、法人口座ではやりにくさがあります。

未決済ポジションも課税対象

法人口座では未決済のポジションに対しても課税されます。決算時に決済せずに含み益を持ち越すことが不可能です。

法人口座の開設方法と手順

法人口座の開設方法と手順は途中まで個人口座と同じことになります。下記記事を参考にして、まずはアカウント開設まで終わらせましょう。口座の有効化から、本記事で解説をします。つまり口座の有効化のところから、法人口座の場合はやり方が変わっていきます。記載は小文字、大文字の英字か数字、ローマ字で入力してください。事前に免許証や定款などもその後求められるので準備しましょう。

アカウント開設が終わったら今度はアカウント認証になります。ポイントになるのは以下です。個人情報の提出の準備をしましょう。同時に利用規約も今すぐチェックしましょう。

身分証と住所確認書類

法人口座を開設するため、代表取締役の書類を提出しなければなりません。つまり個人の物ではなく会社の代表の証明書類の提出が必要になります。画像はスマートフォン等で撮影したもので問題ありません。

必要な書類条件
登記簿謄本 or 法人設立証明書登記簿謄本法人設立証明書
代表取締役の本人確認書類パスポート
運転免許証
マイナンバーカード
その他本人確認書類
代表取締役の現住所確認書類6か月以内発行の住民票
6か月以内発行の公共料金の明細書
取締役登録書 6か月以内発行の履歴事項全部証明書
株主名簿6か月以内発行の履歴事項全部証明書

法人の各種証明書

法人の証明書としては株主証明書、役員証明証、法人設立証明書、さらには履歴事項全部証明書を求められる可能性があります。すべての書類を用意しましょう。

アップロードする際の注意点

代表者本人確認書類をアップロードする際の注意点があります。以下の点に気を付けてください。氏名、電話番号などがページで記載が映っていることが重要です。さらに生年月日、郵便番号、市区町村などのステータスが記入されているか送信する前に確認しましょう。

  • 原本である
  • カラーである
  • 四隅が写っている
  • 隠されている部分がない
  • 本人の顔写真がある

サポートセンターへ連絡

最後に必要書類をアップロードした場合、サポートセンターへ連絡してください。これはシステム上では法人口座への手続きができないため、アナログな対応が必要になります。問い合わせ画面にて、FXGTサポートへ法人口座を開設したいと伝えましょう。スタッフから法人化に伴い、必要な書類提出を求められるので対応してください。申請が通れば法人口座の開設は完了となります。

FXGTの法人口座の注意点

FXGTの法人口座の場合は以下の点に注意をしてください。MT4やMT5でトレードができるので個人と条件や設定はほぼ変わりません。クリックして簡単に注文できます。公式サイトのページにログインするにはログインIDとパスワードは基本おなじように必要です。

個人口座を法人口座化

法人口座の場合は上記でも説明した通り口座開設をしただけでは法人口座にはできません。またユーザーが操作画面で法人口座にできません。FXGTで法人口座を開設するためにはサポートセンターへ連絡する必要があります。複数アカウントは100%作成できませんが複数の口座が作れます。

最大レバレッジ

法人口座における最大レバレッジは個人口座と同様になります。FXGTはレバレッジは最大1000倍です。またログインしてマイページのツールから過去の取引履歴やポジションの保有していた履歴のダウンロードも可能です。所得の証明になり、確定申告に準備、利用ができます。取締役会の決議や請求書などにも利用できます。

ボーナスは適用

FXGTの法人口座の場合は基本的に初めてでも豪華なボーナスも適用されます。ただしプロ口座とECN口座はボーナス対象外となります。この点も個人口座と全く同じになります。ミニ、Crypto max、スタンダードが対象。500倍、1000倍のレバレッジもあります。ビットコイン(仮想通貨)のトレードも可能です。

法人口座と個人口座の使用

法人口座と個人口座はあくまで分ける必要があります。しかし法人口座と個人口座をそれぞれ1つずつ持つこともできます。法人と個人は別人格なので、同時運用が可能となります。アカウント・メールアドレスは法人用と個人用で分ける必要があります。スマホからでも取引が可能でボーナスなども受け取れるのがメリット。

18歳以下の利用

通常口座と同様になりますが、法人口座の場合は18歳未満の方が使用することはできません。勿論登録自体も禁止です。家族の同意がある場合でも開設はできないので注意してください。18歳未満の市民は未承認なので依頼されても全員、利用はできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました