Exness:エクスネスの口座タイプと特徴:スタンダードセント口座 FXのおすすめ口座種類

Exness

Exness(エクスネス)の口座タイプの種類であるスタンダードセント口座について取引の特徴を記事で解説します。スタンダードセント口座はあまり知らない人が多いです。スタンダードセント口座は、取引単位が小さく少額から取引できる口座タイプです。そのため、デモトレードで慣れた方がリアルトレードに挑戦する際にまずお勧めする口座タイプになります。少額ながら実際のお金で取引ができるスタンダードセント口座を利用すれば、デモトレードからリアルトレードへのスムーズな移行が可能です。

スタンダードセント口座

スタンダードセント口座はとにかく少額取引になるため、FXが初めての方や、FX初心者のFX入門用に最適な口座タイプです。低リスクな環境で、無制限レバレッジと安定したスプレッドのFX取引を楽しめるようになります。口座開設は以下から可能です。業者のこの口座タイプはMT4しかありません。基本、一部スプレッドが大きなタイプなので時間をかけて決済が必要でスキャルピングなどにはお勧めしない口座です。スペックの情報を以下に用意して記載したので確認しましょう。

初回最低入金額1ドル〜支払い方法による
最大レバレッジ無制限レバレッジ
取引手数料無料
主要通貨ペアの平均スプレッドUSD/JPY:1.1 pips
EUR/USD:1.2 pips
GBP/USD:1.2pips
マージンコール60%
注文約定成行約定
取扱銘柄数FX(外国為替):34
貴金属:2
合計:36
対応する取引プラットフォームMT4・ウェブターミナル・取引アプリ

特徴を以下に説明していきます。証拠金は維持率0%まで耐えることができロスカット発生レベル、制限は0までなので全額欠損まで損失を耐えることができます。キャンペーンやボーナスはほとんどありませんが、必要あれば自動売買(EA)ツールは使用可能。海外FX会社の中では業界でも最も優れたスプレッドが狭いのが特徴です。パーソナルエリアから追加口座の作成も可能です。

金融商品の取り扱い

現在スタンダードセント口座はスタンダード口座同様に、株式、通貨ペア(米ドル、ユーロ、ポンド、日本円)、マイナー通貨ペア、仮想通貨(ビットコイン)、エネルギー、株価指数インデックスにも対応しているため豊富です。投資初心者の方にお勧めの口座です。成行注文、指値注文、即時決済も可能で、低ロットからもエントリーできます。

初心者向け口座

スタンダードセント口座は、スタンダードのカテゴリの中で、特に取引単位の設定に特徴のある口座タイプです。スタンダードセント口座では1ロット=1000通貨です。スタンダードセント口座では、他の口座タイプと比較すると1ロットあたり1/100の取引量でトレードが行えるということです。リスクを回避したい人にお勧めできる口座タイプになります。約定拒否もあまり起こりません。

スプレッドの狭さはどうなのか

スタンダード口座と同様で、もちろんこの口座もスプレッドは広い傾向。変動制スプレッドとなっており日を跨ぐとスワップポイントも発生します。始めたばかりの方にはお勧めですが、中級者、上級者の方はスプレッド考慮すると、ロースプレッド口座のほうがおすすめ。

最大ロット

スタンダードセント口座は0.01ロットから新規エントリーが可能。最大ポジションは200もあるため、非常に上限が高く、かなり複数のポジション保有、決済が可能です。詳細条件はスタンダード口座と変わりません。レバレッジは高いため変更が可能です。またかかる取引手数料も無料です。

セント口座とスタンダード口座の違い

スタンダードセント口座とスタンダード口座の違いは以下に集約されます。双方ともに幅広くスワップが適用され、ロスカット水準も同様ですが、通常画面で価格を注文するにあたり、スペックや商品のサービスに相当な違いがあります。2種類の口座のシステムで大きく抑えるべき点をまとめました。投資家は1日、有利にトレードするためにも応じて合っている方を1つ選択しましょう。

取引量の違い

スタンダードセント口座は他の口座タイプよりも1/100の取引量でトレードが行えるため、同じロット数でも、値動きによる損益が他の口座タイプよりも小さくなります。スタンダード口座で1ロットになります。100pips動いた場合、スタンダード口座では±100,000円動くのに対して、スタンダードセント口座では、±1,000円の損益内でトレードが可能です。

口座通貨の違い

口座のベースとなる口座通貨が異なります。スタンダード口座では日本円をはじめとする42種類から口座通貨を選択できますが、スタンダードセント口座で選択できる口座通貨は6種類(USC、EUC、GBC、CHC、AUC、CAC)のみです。

取引可能銘柄の違い

スタンダード口座は多様なCFDを取引できますが、スタンダードセント口座では外国為替と貴金属に限定されています。外国為替の通貨ペアはスタンダード口座が98種類に対して、スタンダードセント口座は34種類です。

スタンダードセント口座のメリット

スタンダードセント口座は、最小単位のセントロットからの低リスクで取り引きできる口座になり、初心者向けになります。初心者におすすめの人気の銘柄を取引できる点もメリットです。さらには最大無制限レバレッジも使用可能で、0.0〜0.3ピップスからのスプレッドと、簡単設定の成行約定方式になっています。またゼロカット対応で、追証なしで隠れコストもなしです。開設条件も、口座間資金移動ではわずか1ドルから開設可能で、10口座まで同時保有可能です。

スタンダードセント口座のデメリット

スタンダードセント口座のデメリットは、初心者の入門用に特化された簡易機能限定版であるために、MT4のみの対応になっています。MT5を使いたい方には向いていません。取り扱い金融商品数もエキゾチック通貨などはありますが、スタンダード口座に比べると少ないです。リクオートやスリッページが起きる可能性もあります。スタイルや手法によっては市場で有効に活用できません。実質のスプレッドもやや広いです。

初心者におすすめ

スタンダードセント口座は初心者におすすめです。トレード初心者、もしくはExness初心者におすすめと言う意味になります。これはスタンダードセント口座の場合は、少額取引に特化しているため、リスクを抑えられます。

リスクがほとんどない

スタンダードセント口座は少額取引にかなり特化しています。そのため、初心者にとてもお勧めの口座タイプになります。特に初心者の場合はほとんどの場合、勝てません。どうせお金は消え続けますので、どうせお金を失うならば、少額のほうがいいに決まっています。まずは勝てるようになるまでは徹底的にスタンダードセント口座を使いまわすことをお勧めします。トレードに勝てるようになるまでは2年、3年以上はかかります。

スタンダード口座よりもお勧め

スタンダード口座とスタンダードセント口座、どちらがいいのかと言う問題がありますが、トレードの練習をしたいという意味であればスタンダードセント口座がおすすめです。理由は上記でも説明した通りでリスクがほとんどないからです。スタンダード口座よりも低リスクでトレードができますので、練習にとても特化しています。デモ口座からリアル口座に乗り換えようとしている方はまずはこの口座タイプから挑戦してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました