Exness:エクスネス口座タイプと特徴:スタンダード口座 最もおすすめなFX口座種類

Exness

Exness(エクスネス)の口座タイプ種類(プロ、ゼロ、ロースプレッド、セント)の中では最もおすすめがスタンダード口座ですので特徴を記事で解説します。この口座は初心者に対して一番人気があります。そのため、まずExnessが初めてと言う方、もしくはFX自体の初心者の方にはとてもお勧めできる口座タイプです。

スタンダード口座

スタンダード口座は以下から口座開設が可能です。MT4とMT5があります。まずどの口座タイプで取引をするか考えていない人はまずスタンダード口座の開設をお勧めします。Exnessの初心者やFX初心者はほとんどがスタンダード口座を選択します。スタンダード口座はMT4やMT5の取引ツールに対応し、ウェブトレーダーや自社開発のアプリも使用可能です。合計で全通貨、異なる銘柄を抑えており、高いレバレッジが採用されています。時間帯によっては狭いスプレッドで決済できます。

初回最低入金額1ドル〜支払い方法による
最大レバレッジ無制限レバレッジ
取引手数料:無料
主要通貨ペアの平均スプレッドUSD/JPY:1.1 pips
EUR/USD:1.2 pips
GBP/USD:1.2pips
マージンコール60%
注文約定成行約定
取扱銘柄数FX(外国為替): 98
貴金属:10
仮想通貨:35
エネルギー:3
株式:99
インデックス:10
対応する取引プラットフォームMT4・MT5・ウェブターミナル・取引アプリ

口座の特徴は以下になります。海外FX会社ではよくある口座タイプで投資の初心者レベルにおすすめです。エクスネスは業界でも最小スプレッドを実現しています。メジャー通貨ペアが多く、あらゆる金融商品も揃っており幅広いため、豊富ですが、ボーナス、キャンペーンはほとんど発生しません。自動売買(EA)にも対応している充実した口座です。現在パーソナルエリアで口座追加作成ができます。株価指数、ゴールド、マイナーペア、ビットコインなども取引可能です。

最低入金額が1ドル

スタンダード口座は入金額が1ドルからトレード開始可能です。少額から取引を始めたい人にとってはとてもお勧めできる口座タイプでしょう。低コストで少額から取引を始めることができるので安全です。デモ口座にも対応しています。業者では法定通貨(米ドル、日本円、ユーロなど)に対応しています。スワップも採用されています。初心者には最適の環境になっています。

スプレッドは広い

市場のスプレッドはexnessの口座タイプの中では広いです。そのためスキャルピングをしていきたいと考えている人にはあまりお勧めできません。スプレッドは変動制となっており、詳細確認は公式ページでできます。証拠金は0%まで耐えることができます。中級者や上級者は共通してロースプレッド口座やECN口座がおすすめです。基本スペックがそこそこで個人でも投資家は高額なトレードも可能です。ボーナスやキャンペーンも利用可能。

最小取引量

最小取引量、数量は0.01lotです。ロットは0.01からエントリーが可能です。最大ロット上限は全部で200となっております。成行でも指値注文でも同様です。複数ポジションでトレードも可能。余談ですが日を跨ぐとスワップポイントが発生します。

取引手数料完全無料

スタンダード口座の仕様では取引手数料がありません。そのため、FX入門者にも経験豊富なトレーダーにも話題で、もちろん最も幅広く使われている定番の口座種類です。取引コストがかかるのは他の口座タイプとなります。取り扱い銘柄は通貨単位でいえばUSDJPY、EURUSD、GBPUSDなど重要なペアを抑えております。最も評判の良い口座タイプです。他にも豪ドルやポンドも取引可能です。トレードの手法に対する制約も他社より少なく、実質スタイルもフリーで自由です。

ゼロカット

スタンダード口座ではゼロカットルールが採用されています。ゼロカットとは何らかの取引の問題で、口座がマイナスになることはないということです。つまり借金を背負うリスクがありません。システム上損失、ロスカット水準制限は0%でリクオートも起こりません。そのため全額欠損まで証拠金維持できますがマージンコールの警告が来たらどうするか考えたほうがいいです。

スタンダード口座のメリット

スタンダード口座は人気の定番の標準口座です。豊富な全ての商品のお取り引きが可能で、最大無制限レバレッジが使えます。スタンダード口座はゼロカット対応の追証なしで安心です。開設条件も、口座間資金移動ではわずか1ドルから開設可能で、100口座まで同時保有可能です。新規入金でも最低入金額の10ドルからの低コストで開設可能で、口座維持費無料で取引手数料もないので、低コストから簡単に始められるメリットがあります。

スタンダード口座のデメリット

デメリットは、初心者から上級者まで簡単設定で幅広くは使えますが、プロ口座の即時約定方式は使用できないということです。スリッページが起きる可能性が高めの口座タイプになるため、こだわりの強い人にはあまり向いていないかもしれません。スプレッドが他の口座タイプよりも広めであるため注意が必要になります。この口座は資金量が少ない人向けの物であるので、資金量の多い方や、損切ラインを流動的に決める方は、プロ口座を選択したほうがいいでしょう。

初心者におすすめ

スタンダード口座の場合は初心者のとてもお勧めです。スタンダード口座はすべての口座タイプの中で最もバランスがよく、入金額が1ドルから対応しているので、かなり少額から取引をすることができるからです。さらに銘柄数も多くあり、それなりにトレードを楽しむことができる口座タイプになります。この口座タイプは他社(xmtrading、easy markets、fxgt、bigboss、threetraderなど)でもあります。

トレードに慣れる

スタンダード口座を使うことで、まずはトレードに慣れることから始めることをお勧めします。上記でも説明した通り、スタンダード口座は満遍なくトレードができる上に、取り扱い銘柄もとても多いですから、不満もないでしょう。慣れてから他の口座タイプを検討してみることをお勧めします。またExnessが初めての方にもスタンダード口座はおすすめです。

少額取引

スタンダード口座は少額取引ができますので、まだトレードが怖いと感じるような方にもお勧めです。レバレッジが無制限ですので、超少額からでもトレードの練習ができるというのが最大のメリットになります。そのため、まずはスタンダード口座からと考える方はとても多いです。Exnessを初めてやる方のほとんどはスタンダード口座を選択しています。

金融ライセンスも保有

Exnessの運営では金融ライセンスを保有しており、キプロス、セーシェル、イギリス、オーストラリアなどに拠点を持っている大きな会社ですので管理が徹底されており、さらに実績もあるので心配がなく、安心です。公式サイトでは用意されている対象の金融商品が6種類と他社と比べて多く、有利な取引が可能です。知識があれば安定した損益になります。公式では計算ツールなどもあり活用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました