Exness:エクスネスのFXトレードにおける注意、禁止事項 口座凍結や出金拒否の可能性 徹底解説

Exness

Exness(エクスネス)のトレード取引では両建てにおいて禁止事項のルールがありますので出金拒否の可能性など記事で解説します。でトレードするにあたって、ルールと言うものはあります。トレードするにしてもなんでもOKというわけにはいきません。禁止事項を破ってしまうと、出金拒否やアカウント凍結などのペナルティがあり得るため、気を付けてください。

Exnessは制約が少ない

人気のExnessの情報では業界の他のFX会社、業者に比べると、禁止事項が比較的少なめな会社といえます。多くのFX会社では次のような取引は利用規約で禁止されていますので問題をまとめました。ロスカット、ゼロカットなども行うのですが、違反すると損失を出しても保有した一部の通貨の決済が採用されないことがあります。プロでも事前に注意が必要ですので知識を身につけましょう。

  • 複数口座を使った両建て取引
  • 大ロットのスキャルピングトレード
  • 経済指標発表時のみを狙ったハイレバトレード
  • 窓埋めのみを狙ったトレード
  • 裁定取引

上記のほかに運用の仕組みで、特にリスクヘッジで両建てやスキャルピングトレードのエントリーには対象に対してルールを設定しているところが多いですが、Exnessは有効でもう何も禁止していません。かなり自由度の高い会社がExnessになりますので安心。これら資金を活用して初めての方でも稼げるのです。

禁止事項

Exnessでは、下記が全面的に禁止事項として設定されています。海外FX会社では制約があまり多くない傾向にありますが、Exnessも同様。ボーナスなどはありませんが、スプレッドが狭いため、口コミや評判はとてもいい会社です。禁止事項にはメリット、デメリットもあります。公式サイトでも注意点が掲載されているので確認してみましょう。禁止事項の理由を1つずつ説明していきます。

自己アフィリエイト

Exnessではアフィリエイトプログラムがあります。しかしアフィリエイターが自分のリンクから口座を作って取引を開始することは許可されていません。これは俗にいうキャッシュバックに当たるのですが、当然禁止行為になります。口座凍結や出金拒否になる可能性が十分にあるため気を付けてください。

サーバーエラーやレート遅延を利用した取引

世間で大きな事件や出来事があると、サーバーが混み合い、MT4やMT5などの取引ツールでサーバーエラーやレートの遅延が生じることがあります。このようなサーバーエラーやレート遅延を狙ってトレードしたとしても、利益は出金することができません。なぜなら、不正なトレードで得た利益として判断されるからです。

スキャルピングに制限はない

トレーダーがおこなう可能性がもっとも高いスキャルピング。これは禁止しているFX会社もありますが、Exnessでは許可されています。ただし、実際には通貨ペアごとにストップレベルが存在したり、口座タイプによってスプレッドが異なる為、トレーダーの手法によっては不利になります。

両建て取引

両建て取引は同時に買いと売りを入れて、一方を引っ張って利食いして、片方はさっさと損切りします。多くのFX会社で許可していないケースが多いのですが、Exnessの運営経由ではOKです。Exnessでは両建て取引について認めており、Exnessの口座内での両建て取引、他社口座間との両建て取引どちらについても許可しています。

裁定取引

Exnessでは裁定取引も許可しています。実は裁定取引はFX会社のほとんどで金絲猴に当たります。しかしExnessでは許可されています。Exnessではアービトラージの取引戦略を練ることができますので、挑戦してみるのもいいでしょう。

出金拒否や口座凍結の可能性

もちろん禁止事項を破ってしまった場合は出金拒否や口座凍結の可能性が十分にあり得ますが、基本的にルールを守っていれば、口座凍結などの可能性はほぼありません。それぐらいExnessはラフで自由度が高い会社です。圧倒的に他社よりも恵まれたルールになっています。

自動売買

自動売買は禁止されていません。他のFXブローカーでは自動売買を禁止するケースがとても多くあるのですが、Exnessは全く制約を設けていませんのでOKになります。最大レバレッジ無制限・スプレッドも世界で最も狭いと言われていますので、おすすめします。

禁止事項を破った場合

Exnessでは証拠金維持率0までポジションを維持できますが、手数料も少ないですし、EAも使えるのでとてもいいブローカーです。しかし、禁止事項に抵触してしまった場合、以下のようなペナルティを課される可能性がありますので、注意をしてください。相場で売り、買い注文、システム環境が規約違反により使えなくなります。詳細はサポートと交渉をすることになるでしょう。状況チェックして把握してもらい原因によっては結果的に規制が解除される可能性もあります。

口座凍結

禁止事項に抵触してしまった口座が凍結されるリスクがあります。この場合は該当口座が使えなくなり、お金の入出金も止められてしまう可能性がありますので、覚悟を決める必要があるでしょう。この場合は解除してもらえるまで、該当口座は使用できませんのであきらめてください。

アカウント凍結

Exnessは複数口座をアカウント内で作成できますが、アカウントを凍結される可能性もあります。あまりにも悪質な行為をしているユーザーに対して、このような処置が施されることになりますが、この場合はそもそもExnessを使用することができなくなります。諦めて他のブローカーを使うことになるでしょう。

出金拒否

アカウントの乗っ取りなどの行為をされたユーザーが通報することで、アカウントロックをすることがあります。これに伴い、出金拒否されることになるでしょう。この場合は出金ももちろんですが入金もできなくなりますので、Exnessを使用することができなくなります。

アカウントを凍結されたらどうする

アカウントが凍結された場合は、解除してもらうようにサポートセンターと交渉をすることになります。サポートセンターとの交渉次第ではお金も戻ってこないケースもありますが、ルール違反をしたことになりますので諦めるしかありません。サポートセンターは以下の記事で紹介していますので参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました