Exness:エクスネスの強制ロスカット水準と計算方法 証拠金維持率とマージンコール解説

Exness

Exness(エクスネス)の取引におけるマージンコール、強制ロスカット水準について解説します。突然強制的にロスカットされてしまう可能性もあります。そのロスカット水準はどのあたりなのか、ロスカットルールを理解しなければ、良い効果が得られません。

ロスカットルール

Exnessのロスカットルールは以下のようなルールがあります。海外FXブローカーでは口座残高がマイナスとなった場合はゼロカットが発動します。ボーナスなどはありませんが、追証がないので仕組みがとても優れています。エクスネスではストップアウト100%がロスカットなのでとても覚えやすいです。この仕組みはxmtrading、fxgt、gemforex、milton、hfm、axiory、iforex、bigboss、fbs、threetrader、easy marketsなどでも同様に導入されています。

ゼロカット

Exnessの業者の情報ではゼロカット制度を採用しています。これは何らかの問題が起こり、複数でも保有したポジションで残高以上の価格の損失が起こってしまった時は運営で判断して強制的に残高0パーセント(0円)でリセットされます。そのため、トレーダーは借金を背負うリスクがないので、非常に安心です。最大レバレッジを活かしながらでも活用できます。

証拠金維持率0%

強制ロスカットになる証拠金維持率はシステムで0%となっています。公式サイトでもロスカットレベルを記載しています。ロスカットレベルとは、強制ロスカットが発動する際の証拠金維持率のことです。含み損が膨らみ証拠金維持率がロスカットレベルに達すると、これ以上損失を発生させないためにポジションが自動的に決済されます。ロスカットレベル0%は、数字の通りこれ以上の低い値はありません。変動する相場でスワップポイントも含めて大きく耐えられるので自由度の大きなトレードが可能です。

証拠金維持率30%以下

証拠金維持率30%以下でマージンコールとなります。マージンコールとは、証拠金維持率が一定の水準を下回った際に、口座がロスカットの一歩手前であることを示す警告です。マージンコールになると、新しいポジションを持てなくなります。つまりトレーダーに対する警告のメッセージであり、全額欠損の可能性があるということです。

ロスカット=全額欠損

証拠金維持率0%のロスカット水準は、証拠金がフルに使える半面、ロスカットされれば全額損失になると解説しました。そのため、トレーダーからすれば自由度の高い会社になるのですが、資金管理はしっかりしなければなりません。証拠金維持率0%は、他社よりロスカットされづらいのです。ロスカットされないよう、証拠金に対してポジションは小さく、有効レバレッジを抑えて取引します。

全ての銘柄がロスカットレベル0%

Exnessでは外国為替通貨ペアだけでなく、貴金属(ゴールド)、仮想通貨(ビットコイン)、エネルギー、インデックスなど色々な投資商品を扱っていますが、例外なくすべての金融商品、機能でロスカット0%が適用されています。ただし値動きをみて、残金が半分以下になったら両建て注文や損切りをして保護するなど考慮して工夫はしましょう。

全口座タイプロスカットレベル0%

Exnessでは5つの口座タイプがありますが、すべての口座タイプにおいてロスカットレベルが0%です。そのため、口座間において差は一切ありません。プロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座など多くの口座で適用、対応されますので安心です。しかし通常は証拠金維持率が50%切ったら次の対処を考えましょう。新規で追加して証拠金を補填するか、損切りをしましょう。余裕を持たせることが大事です。

マージンコールは口座タイプで違う

マージンコールは、以下のように口座タイプでそれぞれ違った維持率の設定となっています。

Account TypeMargin CallLoss Cut Level
Standard60%0%
Standard Cent60%0%
Low Spread30%0%
Zero30%0%
Pro30%0%

計算式

上記で、残高、証拠金など色々な言葉が出てきましたが、以下の公式で算出ができます。

証拠金維持率(%) = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

有効証拠金 = 残高 + 評価損益(為替損益+スワップ)

残高 = 未使用の余剰証拠金+使用中の必要証拠金

余剰証拠金 = 有効証拠金 – 使用中の必要証拠金

必要証拠金 = 現在のレート × 取引数量 ÷ レバレッジ

ロスカットを回避する方法

ロスカットと言うのはできるだけ避けたいのが本音です。ロスカットを回避したい方は、ぜひ参考にしてください。環境によっては効率よく回避が可能です。不安な方は先ずロットを低くして最低資金から取引しましょう。手法に制限はないので投資家は状況に応じた取引が可能です。詳細は以下を参考にしましょう

追加資金を入金

ロスカットが近くなっている場合、証拠金を追加して耐えられるようにするという方法があります。証拠金を多めに確保すれば証拠金維持率を高められるため、ロスカットのリスクを減らせます。証拠金が増えれば自由度が高くなってきますので有利になります。

リスクリワード比

損切りをせずにロスカットになってしまうトレーダーと言うのはとても多いです。しかしこれはリスクリワード比を考えていないケースが多いのです。エントリーをするタイミングで、どこで利食いするのか、どこで損切りするのかを決めておきましょう。リスクリワード比は1:2か1:3が適切と言われています。

レバレッジを抑える

Exnessはレバレッジ無制限で取引可能です。いつも無制限レバレッジで取引していると、ロスカットのリスクは高まります。レバレッジを敢えて抑えてトレードをすることで、含み損が大きくなっても耐えられるようになります。ロット数を調整しながらトレードをしてください。

Exnessのロスカットのメリット

Exnessではロスカット水準が0となるため、ある意味戦いやすいともいえるのです。トレーダーの裁量が増すので、戦い方に制限がありません。そのため以下のようなメリットも発生しますので、上手く生かして戦うようにしましょう。

耐えられる

ロスカット水準がゼロになるということは逆を言えばそれだけ耐えられるということを意味します。エントリー後に逆行したとき、耐えられる値幅が大きくなれば、その後相場が反転して、勝ちトレードを拾えるチャンスも広がります。そのため、損失が膨らんでも戦えますから、トレーダーにとってはとても有利な点になるでしょう。

損失金額がわかる

Exnessではそもそもロスカット水準がゼロですから、ロスカットまでの金額を把握しやすいです。何と言っても資金全てを失うまで耐えられるため、戦い方も自由度が上がるという利点がありますからトレーダーには有利になるでしょう。

レバレッジ無制限

Exnessではロスカット水準がゼロであるうえにレバレッジ無制限です。Exnessなら資金がゼロになるギリギリまで取引を継続できます。つまるところ、ギャンブルトレードもできてしまいますから、無制限レバレッジで勝った場合には、大きく利益を伸ばせる可能性があります。

無料で口座開設

Exnessでは無料で口座開設が可能になっています。ギャンブルトレードも可能ですし、お金を一気に増やせる可能性がありますので、とてもお勧めのブローカーになります。以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました