Exness:海外FX会社エクスネスでMT4/MT5の取引で注文できない原因と理由 回線不通?アップデート中?

Exness

Exnessで取引をしていて、注文ができないという事態に陥ることがあります。これはMT4やMT5の問題かもしれませんし、回線問題かもしれません。障害が起こった時の対処はそれぞれの状況によって分かれてくるため気を付けてください。

注文できないときの対処

操作して注文できないときに考えられる状態と解決策を解説します。場合によっては入金や出金にも影響しますので注意しましょう。業者にはサポートが提供されてありますのでクリックして問い合わせ対応が可能です。発注できない原因や理由は証拠金、手数料、商品などいろいろなことが挙げられます。リスクもありますので基本は余剰資金で残高に余裕がある状態で取引しましょう。

チャートが表示できない

MT4やMT5でトレードしているときに、銘柄がグレーアウトしていて、チャートを開けない、表示できないと言うときがあるはずです。チャートが表示できないと、そもそも取引ができないのですが、どのようなことがありえるのでしょうか。

解決策

まずその取引銘柄が取引時間外である可能性があります。下記の記事をご覧に最新の情報を参考にしてください。銘柄によっては取引時間外の時間帯があります。投資家は完全に金融市場に合わせる必要があり、チェックが必要です。時間外だとエラーになり、株式、インデックス、通貨ペア、仮想通貨などの投資ができません。

アーカイブされている口座

Exnessでは自らアーカイブにした口座や、運営側によってアーカイブ口座にされてしまった口座は休眠状態にあるため取引ができません。この場合は、100%トレード自体がまずできませんので、注意してください。解決策は以下の記事を参考にしてください。

解決策

アーカイブになっている口座を復活させてから、取引を開始する必要があります。そのため、下記の記事を参考にして再有効化をしてください。

MT4/MT5のバージョンが最新版ではない

取引ツールである、MT4やMT5のソフトウェアは常に最新版にしてください。最新版ではない場合、「回線不通」や「無効な口座」と表示されてしまう場合があります。取引ソフトのバージョンはMT4/MT5のヘルプタブからバージョン情報を確認可能です。

解決策

この解決策は簡単でソフトウェアを最新版にアップデートしてあげてください。これによって解決できるはずです。

ログイン情報が間違っている

MT4やMT5にログインできないと言う場合もあるでしょう。またMT4とMT5のログイン情報は同じものを使うことはできません。Exnessではそれぞれ専用のログイン情報が発行されます。それぞれの口座において、IDとパスワード、サーバー名の確認が必要です。

解決策

ID、サーバー名に関しては、パーソナルエリアの口座情報を確認するときに、再確認することができます。下記記事を参考にしてください。パスワードは自分で覚えている必要があります。忘れてしまった場合はパーソナルエリアで再設定できます。

回線不通と表示されている

インターネットプロバイダの問題かもしれません。そもそもトレードするにはインターネット回線に接続している必要があります。回線不通の場合はそもそもMT4やMT5の前に自分の使っている端末の問題である可能性が高いです。

解決策

まずは自分の使っているPCやスマートフォンの回線状態を確認してください。それが問題なければファイヤーウォールやウィルスソフトが接続を阻害している可能性があるため、そちらの調査をしてみてください。ソフトを切ることで、MT4やMT5に接続できた場合は、ソフトウェアが原因です。

取引不可もしくは取引無効

取引不可とか、取引無効と表示されてしまうことがあると思います。MT4やMT5にログインはできるものの、新規注文ができないと言うものです。これはそもそも口座に問題があります。

解決策

そもそも口座に入金されていない、本人確認書類の提出と承認がされていない、さらには取引時間外に取引しようとしていることが挙げられます。取引口座は、最低入金額が入金されていないと取引することができず、口座が無効状態になります。口座タイプによって最低入金額が違います。

Standard
Low Spread1000$
Zero1000$
Pro1000$

コメント

タイトルとURLをコピーしました