easyMarkets:出金方法と出金拒否の可能性 まとめ解説

easyMarkets

easyMarketsで実際にトレードを行い、利益を得られるようになったら、出金することになると思います。出金方法は入金方法と同じ方法で行うことが可能です。出金方法はルールがありますので、これを守られないと出金拒否になりますので注意してください。

easyMarketsの特徴と機能について

easyMarketsは2001年に設立されてから、たくさんの機能がついております。証明書(運転免許証、パスポート)アップロードで書類提出完了で有効化すればすぐにトレードが可能です。追加口座の作成もできます。金融ライセンスも取得しており、規制を受けているため信頼性もあります。gemforex、ironfx、bigboss、exness、axiory、xm、fbsなどと比べても全体的にサービスが充実しています。

最大レバレッジ

最大レバレッジは400倍にもなり、かなりのリスクの高いトレードも可能です。さらに公式サイトでも紹介されていますがVIPサービスもありトレーダーは手厚いカスタマーサポートのサービスを受けられます。サポートはチャットやメールなどで連絡可能です。dealcancellationやeasytradeなどの独自機能も提供されています。

豊富な口座タイプ

スタンダード口座やプレミアム口座など、様々なタイプがありpips、スプレッドも狭いものから広いもの、固定から変動まであります。また、プラットフォームもMT4やMT5が利用可能でインジケーターやチャート分析も可能です。またデモ口座や法人口座もあります。通貨ペア、ゴールドやシルバーなどのトレードも可能です。スリッページや約定拒否は起こりません。

ロスカットとゼロカット

損失が出れば、ロスカット制限が適用されます。そして残高がマイナスとなった場合、追証なしでゼロカットシステムが適用されます。リスクを抑えられます。金融商品もとても多く、自動売買も可能で、スキャルピング、両建てもできるのがメリットです。ロットもたくさん入れられますし、ポジション保有もたくさんできます。

入出金方法が豊富

以下で説明していきますが、入出金方法が豊富です。銀行振込、sticpay、クレジットカード、ビットコインなどもあります。ボーナスやキャンペーン、さらにはキャッシュバックやポイントも開催されており、かなりプロモーションが多く、クッション機能があるため、ボーナスだけで証拠金としてトレードが可能です。

出金ルール

easyMarketsにおいては出金ルールが定められており、これを守らないと出金を拒否されてしまいます。以下の点に気を付けてください。

入出金は同じ方法

入金と出金は原則同じ方法にする必要があります。これはマネーロンダリング防止のための処置です。easyMarketsでは実際に入金した金額までは入金した方法で、残りの利益分に関しては原則銀行送金で出金されます。

本人確認書類が必要

easyMarketsは、口座開設から本人確認書類が完了していないと、そもそも出金処理ができません。本人確認書類では身分証と住所確認書類、さらには電話認証が必須となりますので必ず終わらせてください。

銀行口座登録が必要

銀行口座の登録が必須となります。受け取り銀行の情報は、海外送金で使われるSwiftコードでの入力が必要になるので、Swiftコードを持っている銀行を指定してください。アカウントで出金メニューを開くと、銀行口座の登録欄があるので出金先口座を登録しておきます。

  • 銀行名:銀行名を登録
  • 口座名義:自分の名前を記載
  • 口座番号:自分の口座番号を指定
  • SWIFTコード:銀行の登録しているコードを記載
  • IBAN番号:もしあれば記載

最低出金額

最低出金額が設定されており25ドルとなっています。これ未満の出金はできません。出金する際は出金額に気を付けて出金しましょう。

ボーナスの出金はできない

口座開設ボーナスや入金ボーナスとして受け取ったボーナスは証拠金として使えるのですが、ボーナスの出金はできません。現金化はできないということになります。また出金をすると、出金した金額の割合分、ボーナスが引かされて消えていきますのでこの点も注意してください。

easyMarketsの出金方法

easyMarketsの出金方法としては以下のものがあります。どの機関を使用したとしても出金手数料は無料となりますが、それぞれのサービス先の会社で手数料がかかってしまう可能性がありますので注意してください。最低出金額に指定はありますが、最高出金額に限度がありません。

出金方法最低出金額対応国出金反映時間手数料
Credit Card(VISA/MasterCard)25$ALL数日〜数週間Free
銀行送金25$ALL5営業日以内(営業時間のみ)Free
仮想通貨25$ALL即時〜数時間Free
NETELLER25$南米、アフリカ、
中国、北朝鮮、
中央アジア以外
即時〜数時間Free
Skrill25$南米、アフリカ、
北朝鮮、
中央アジア以外
即時〜数時間Free
fasapay25$インドネシア即時〜数時間Free
Sticpay25$ALL即時〜数時間Free
Web Money25$ALL即時〜数時間Free
bitwallet25$ALL即時〜数時間Free
Perfect Money25$ALL即時〜数時間Free

まずログインをしてください。マイページにログインしたら、easyMarketsのマイページある「資産管理」へアクセスして出金手続きを行います。出金状況を知りたい場合には、マイページにある「引き出しステータス」で現在の出金状況を確認することができるのでチェックをしてください。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカードはVISA、MasterCard、さらにデビットカードにも対応しており、AmericanExpressにも対応しております。残念ながらJCBのクレジットカードは対応していないのでご注意ください。ちなみに最高出金額は無限です。

出金は返金扱い

クレジットカードやデビットカードの出金は、あくまで入金時に指定していた時のみ有効となります。つまり出金するためには入金時にクレジットカードやデビットカードを設定していなければそもそもできません。

着金まで数週間かかる

クレジットカードの出金の場合は反映されるまでがとても長いです。ユーザーが出金申請をすると、FX会社とカード会社の間で決済のキャンセル処理が行われます。キャンセルの情報が利用明細に反映されるのは2週間程かかります。そのためかなり時間が必要とされます。

銀行送金

銀行送金を選択すると、金融機関の送金手数料がかかってしまうのがデメリットです。また送金をする際は、名義人とeasyMarketsの登録名義人が一致している必要があります。利益分の出金をする場合は必ず銀行の登録が必須となります。

銀行出金の場合はSWIFTコード、もしくはIBANコードがあるところでなければ出金ができません。そもそもフォームに入力必須となっているからです。

仮想通貨

仮想通貨はウォレットアドレスがQRコードもしくは文字列で表示され指定されたウォレットアドレス宛てに同額の送金を行います。反映までは3時間程度かかりますので注意してください。またeasyMarketsから取引所へ送金する際には必ずアドレスを間違えないようにしてください。間違えると、金額全てを失う可能性があります。

オンラインウォレット

オンラインウォレットの場合は対応できる国が限定されているものがあるので注意です。基本的にはすべて手数料無料で、即時反映されます。またbitwalletやPerfect Money、fasapayなどはそのサービスアカウントの登録が必須です。またその際登録者の名前とeasyMarketsの登録名やメールアドレスは一致していなければなりません。通貨はJPY・USD・EURに対応しています。ちなみに最高出金額は無限です。

よくある質問

出金に対してよくある質問をまとめてみました。

出金拒否はあるのか?

出金拒否は今のところありません。出金拒否が起こるケースとしては、アカウント凍結をされてしまったパターン、出金ルールを守らないケースだけです。運営会社が意図的に出勤をさせないというケースはありません。

銀行送金

easyMarketsでは入金額までは出金方法を揃える必要がありますが、入金額以上の金額を出金する際は基本的に銀行となります。しかしいまロシアが侵略をした結果、Swiftから除外されているように、制裁を受けている国の場合はSwiftコードがないケースもあります。その場合は出金ができません。

仮想通貨出金

仮想通貨出金においては、ウォレットアドレスを間違えてしまうと100%出金が失敗します。場合によっては全額失うリスクもありますのでしっかりコピーをしてください。手打ちはしないようにしてください。また、送金時間はトランザクションによりますので、時間がかかってしまうケースも考えられます。

最低出金額と最高出金額

最低出金額は25ドル、最高出金額は無制限となります。そのため、最低出金額を下回る出金はできませんので、注意しましょう。

口座有効化が必須

出金をするためには口座有効化が必須条件となります。身分証の提出と住所確認書類の提出をしておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました