easyMarkets:FX口座のゼロカットとロスカットのルールと発動条件を解説

easyMarkets

easyMarketsでトレードをしている時に気にしなければならないのは損切りでしょう。損切りはいつもトレーダーが好きにタイミングを決められるというわけではありません。ある一定の基準を超えてしまうと、損切りは自動的に行われてしまいますので注意しましょう。

口座タイプ

まずは口座タイプを確認してください。口座タイプによりマージンコールやロスカットのルールが違います。他の業者ではツールや通貨ペアの銘柄の設定や情報など全く違いますので事前に確認しましょう。easyMarketsでは仮想通貨の取引も可能ですしレバレッジも高いのでおすすめです。公式サイトでも投資できるものについて記載があります。計算ツールなどもあります。

StandardPremiumVIPMT5
Trade StyleDDDDDDDD
Max Leverage4004004002,000
Trade InstrumentsForeign exchange
precious metal
energy
Products/Stocks
stock index
virtual currency
Foreign exchange
precious metal
energy
Products/Stocks
stock index
virtual currency
Foreign exchange
precious metal
energy
Products/Stocks
stock index
virtual currency
Foreign exchange
precious metal
energy
Products/Stocks
stock index
virtual currency
CommissionFreeFreeFreeFree
Spread2.0pips~1.8pips~1.0pips~0.6pips~
Lots100,000 currency100,000 currency100,000 currency100,000 currency
Min Lot0.010.010.010.01
Scalping
Auto Trading
Hedge
Margin Call70%70%70%70%
Loss Cut30%30%30%30%
Zero Cut
Trade ToolOriginal
MT4
Original
MT4
Original
MT4
MT5
Base CurrencyJPY
USD
EUR
JPY
USD
EUR
JPY
USD
EUR
JPY
USD
EUR
Min Deposit25$2,000$10,000$25$
Bonus

マージンコールとは?

マージンコールとはロスカットが近くなっていると言う警告に当たります。マージンコールはロスカットが近づいているサインと言うだけですので、トレーダーには何も制約はありません。しかしトレーダーは損切りをするのか、追加資金を入れるのか決めていく必要があります。これを放置すると、さらに含み損が増えたときにロスカットが発生します。マージンコールはすべての口座タイプで70%に指定されております。

ロスカットとは?

ロスカットとは、強制決済を意味します。ロスカットはすべての口座タイプで30%に指定されております。ロスカットはトレーダーの意思とは関係なく、決済されます。強制損切りとなりますので、選択肢は一切ありません。ロスカットをする意味としては口座残高を守るための処置です。ロスカットを語るには証拠金とセットで語る必要があります。なぜならロスカットは証拠金維持率の割合で決まるからです。

証拠金とは?

証拠金とは、口座に入金するトレード資金のことです。FXでは証拠金を担保として預け、レバレッジをかけてトレードします。

証拠金維持率とは?

証拠金維持率とは、口座の有効証拠金に対する必要証拠金の割合のことです。証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 x 100で算出されます。

ロスカットは証拠金維持率30%で発動

easyMarketsのロスカットは、証拠金維持率30%を割り込むと発動されます。これはすべての口座タイプで共通していることになります。複数のポジションを保有している場合は、含み益の大きなポジションから順番に自動的に強制決済されます。

ロスカット回避方法

ロスカットはそもそも避けたいものですが、どのようにすれば回避が可能なのでしょうか?

損切り

ひとつはそもそも損失拡大を防ぐために損切りをするという手段があります。損切りをすることで浅い傷で終わるため資金を守ることが可能となります。これは相場の状況を見極めて決めたほうがいいということになります。

追加資金

追加資金を入れるという手段があります。これは相場を読む力が大きく左右されます。大きなトレンドが起こっており逆行が続くとこの追加資金も意味がなくなるからです。追加入金をしたとしても強制ロスカットをくらう可能性があるからです。

両建て

もし強いトレンドにつかまってしまった場合は逆のポジションを持つということで回避ができ餡巣。逆のポジションが含み益となることで耐えられる幅が広がるからです。easyMarketsでは両建てはOKとなっております。

ゼロカットとは?

それでは次にゼロカットについて説明をします。ゼロカットとは何らかのタイミングで口座残高がマイナスになった場合、FXブローカーが損失額を肩代わりしてくれる制度をいいます。つまり口座残高が必ずゼロになるという保証制度です。easyMarketsもゼロカットを採用しているためトレーダーは安心してトレードができます。

追証は発生しない

ゼロカットを採用しているeasyMarketsでは、追証は発生しないわけです。つまりトレーダーは借金を背負ってしまうリスクがないということ。入金した金額以上に損失は発生せず、借金リスクが回避できるのです。

メリットしかない

ゼロカットは基本的にメリットしかありません。デメリットは一切ないため安心してください。

発動条件

それでは上記で説明したものはどのような順番で発動するのかということになりますが、以下のようになります。

1.マージンコール

証拠金維持率が70%を切ってくるとマージンコールが発動します。マージンコールは制約はありませんが警告となりますのでトレーダーは資金を追加するのか、損切りをするのか決断をするタイミングとなります。

2.ロスカット

マージンコールの次はロスカットが発生します。ロスカットは30%を切ると自動で発動されますので、トレーダーの意思とは関係なく発動されます。証拠金維持率が30%以下になると、含み損が大きいポジションから順番に決済されていきます。

3. ゼロカット

このロスカットが発生したらゼロカットも自動的に発動されるようになっています。ゼロカットはボーナスと相殺される仕組みとなっており、ボーナスがある限りはゼロカットは発動されません。元金とボーナスを含めてもマイナスになった場合にゼロカットが作動します。そのため、ボーナス残高でマイナス分を補填できてしまう場合には、ゼロカットは発動されないわけです。

easyMarketsでは無料口座開設が可能

easyMarketsでは無料で口座開設が可能となっております。独自プラットフォームやVIP口座の提供もされており、サポートも充実しております。ユーザーは登録の手続きは本人確認書類と住所確認書類の2つが必要になります。是非口座開設をしてみましょう。よくある質問が公式サイトにもあります。

入金と出金サービス

現在は入金や出金などの送金は銀行振込からクレジットカードまで対応しています。反映完了まで数日で終わります。注意点としては最低入金額が25ドルに設定されています。最大レバレッジが400倍以上で、MT5であれば2000倍のレバレッジでトレードが可能ですので少額から取引が可能。商品もビットコインや株式、貴金属、外国為替まで異なる銘柄が豊富にありますので魅力です。他社ではできない通貨で新規トレードも可能です。

トレード方法に制限が少ない

最新では両建て、スキャルピングトレード、さらには自動売買(EA)ツールでのシステム取引も許可されています。使い方など詳細は運営のサポートに連絡してチャットで聞いてみましょう。目的に応じて答えてくれます。プロモーションやキャッシュバック、限定キャンペーンもたくさんあり、随時開催されていますので対象口座にてボーナスの受け取りが可能です。

金融ライセンスを保持

easyMarketsでは金融ライセンスを保持していますので他社に比べても安全で信頼性もあります。easytradeなど他社にはない独自のオプション取引を提供しており、通常はアプリなどでもどんどんトレードが可能となっています。基本Metatraderが提供されていますので十分これらを使いこなせます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました