easyMarkets:イージーマーケッツ 海外FX 法人口座の開設方法と必要書類

easyMarkets

海外FX会社のeasyMarketsでは法人口座の開設が可能ですので解説します。普段は個人ユーザー向けの口座を提供をしています。しかしながら、法人口座の取り扱いもしており、法人口座の開設も可能となっています。しかし法人口座の場合は、書類が多いことと、審査があるため、基準は高くなります。

法人口座のメリットとデメリット

敢えて個人ではなく法人口座にすることで、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?業者によっては法人口座の提供をしており、easy Marketsでも同様に使うことができます。ただし個人口座とは違って設定や情報が異なりますのでおすすめかどうかは人によります。サポートなどに聞いて詳細も確認しましょう。

FX支出を必要経費

個人でFXする場合は、経費として認められる支出の範囲が狭いというデメリットがあります。しかし、法人化すると経費にできる支出の範囲はとても広くなるため、節税につながりやすくなるのです。つまり法人口座の場合は節税効果があるということです。

損失繰り越し

個人の場合は繰り越しが3年しかできませんが、法人口座の場合は損失を最長10年間繰り越せます。個人口座よりも節税対策がしやすくなるメリットがあります。

損益合算

法人口座の場合は損益合算が可能となります。もしあなたが他事業を持っている場合、これらの事業と合算して計算できることになります。個人でFX取引をして得た所得は、雑所得に分類されます。雑所得は、他の所得と損益通算ができません。

コストがかかる

法人を設立するためには金額を用意しなければいけません。会社の登記手続きはお金だけでなく、時間もかかります。また、会社によっては人を雇う可能性もあり、人件費もかかります。

利益を自由に使えない

法人の場合は利益を自由に使えません。法人口座でFX取引をすると、資金の透明性を図ることが必要です。個人の場合は、好き勝手出来ますのでこの点は不利になります。

法人口座必要書類

法人口座の場合は個人口座のように身分証や住所確認書類だけでOkではありません。法人口座の場合は以下の書類が必須となります。

  • 履歴事項全部証明書
  • 会社住所証明
  • 株主名簿
  • 定款
  • 財務諸表
  • 銀行取引明細書

これらの会社の書類だけではなく、本人確認書類も追加で必要になります。以下の書類は個人ユーザーでも求められる書類となります。

  • 身分証:運転免許証、パスポート、マイナンバーカード
  • 住所確認:公共料金の請求書、クレジットカードや銀行利用明細

法人口座の開設方法

法人口座の開設方法はまず個人として口座開設をする必要があります。個人の口座開設は以下の記事で紹介しておりますので、参考にして開設を終わらせてください。自身の個人情報(生年月日や住所、電話番号)の登録と、身分証明書、住所確認書類のアップロード提出が必須です。

法人口座の開設依頼

個人で口座を開設した後は、サポートセンターに連絡をして、法人口座の開設を依頼することになります。ユーザー側で操作はできませんのでアナログ対応となります。easyMarketsから指定の書類の提出を求められますので提出をしましょう。審査が始まります。

法人口座のよくある質問

法人口座の開設に関してよくある質問をまとめました。法人口座はiforex、axiory、exness、fxgt、threetrader、titanfx、xmtradingなど他社でも同様に導入されていますので他社経験があればスムーズに活用できるでしょう。

法人口座と個人口座の違いはありますか?

法人口座の場合は節税と言う意味でメリットがあります。またデメリットもありますが、上記で説明しておりますので、参考にしてもらえればと思います。身分証明書や住所確認書類などの必要書類のアップロードはどちらでも必須となります。最低入金額、MT4ツールなどプラットフォームはどちらでも同様に新規で口座開設が完了すれば使えます。アプリでもトレードが可能です。

個人口座と法人口座2つ開設できますか?

easyMarketsでは個人口座を開設した後、そのアカウント自体を法人口座にする手続きをします。easyMarketsでは1人1アカウントしか作れませんので、複数のアカウントを保有することが不可能になっています。また利益を出した場合は納税が発生します。

法人口座はゼロカットは適用されますか?

easyMarketsでは個人口座でも法人口座でも同じ取引条件になります。法人口座でもロスカットやゼロカットが適用される仕組みになっています。公式ページでも説明がありますのでリスクについて知っておきましょう。現在、仮想通貨(ビットコイン)、外国為替、貴金属、エネルギー、株式など取引が可能です。

法人口座のレバレッジとキャンペーンが知りたいです

法人口座でも個人と同様、400倍の最大レバレッジが提供されています。期間限定のプロモーションやキャンペーンも適用されますのでボーナスを受け取りできます。また両建てやスキャルピング、自動売買(EA)ツールの取引も許可されております。dealcancellationなどの独自のオプション取引も可能です。

法人口座は解約できますか?

法人口座でも個人口座と同じように解約が可能です。しかしユーザー側で操作はできませんので、サポートセンターに連絡をして処理をしてもらってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました